FC2ブログ

タイトル画像

4/28 特別展「星星會展・日本画の伝統と未来へ」広島県立美術館

2014.04.29(10:07) 4933

昼休みに職場の近所の美術館に行く。
徒歩圏内に美術館があるのは、ちょっと嬉しい。
都市に転勤してきたのだなぁ…と実感。
(まぁ、県北の三次市では、近所の公園か寺社を散策するくらいだったよなぁ…)

☆星星會展☆
下田義寛、竹内浩一、田渕俊夫、牧進の4人の日本画家の作品を楽しむ。
会場入口に高山辰雄の作品があり、星星會展の名付け親と紹介されていた。
4人の画家は、高山辰雄ゆかりの画家なのかな?
田渕俊夫の作品が見たくて足を運んだが、水墨がメインで、ぬぬ太の好きな作品は少なかった。
展覧会自体は、現代日本画の良い作品が集まっており、見ごたえあり。

☆縮景園☆
美術館の階段を降りていると、窓から縮景園のシャクナゲが見えた。
もうそーゆー季節なんだな。
去年は「花みどり公園」にシャクナゲを見に行ったことをふと思い出した。
スポンサーサイト




瀬戸内遊々日記


2014年04月
  1. 4/28 特別展「星星會展・日本画の伝統と未来へ」広島県立美術館(04/29)
次のページ
次のページ