FC2ブログ

タイトル画像

6/4 探鳥会「縮景園」(広島市中区)

2017.07.19(04:23) 6807

日日暑くなり、ちょっとバテ気味。

小谷SAで「冷やし中華」の朝食。

バテてくると、冷麺系の食事ばっかになってくる(自嘲)。

さて広島市まであと、一息。

☆縮景園☆

娘のリクエストで、久々に探鳥会に行く。

縮景園の探鳥会は初めて。


☆清風川☆

反時計回りに園内を巡る。

☆シオカラトンボ☆

広島勤務の頃、昼休みに散歩や昼寝に来てたっけ。

街中にありながら、自然豊かな大名庭園。

☆四十雀雁☆

木の葉の間を、シジュウカラが、ちょこまか飛び交っている。

夏の探鳥会って、声はすれども姿は見えず…初心者にはツライ。

☆紫陽花☆

園内はアジサイが満開でキレイであった。

花の色のように、季節の移ろいは早い。

鳥合わせが終わった後、鯉の餌を買う。

☆土鳩☆

観光地でエサが多いのか、鯉は来ず、寄ってくるのはドバトばかり。

ハトの餌やりと化した、ぬぬ太であった。

☆花菖蒲☆

清風川に戻り、花菖蒲を鑑賞。

久しぶりに来たが、コンパクトで良い庭だ。



スポンサーサイト




瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/21の2 探鳥会「ツバメのねぐら入り」倉敷川

2016.11.03(01:48) 6407

今日は「ツバメのねぐら入り」を見る探鳥会。
夕方、なださきレイクサイドパーク前に集合。
☆アオサギ☆ 
日没まで、付近を散策し、探鳥。
のはずが、あまり鳥は見当たらず(苦笑)。
遠方に僅かに首を出しているアオサギ。
干拓地は広すぎる。
☆ヒバリ☆
あぜ道を歩いている小さいのはヒバリだろう。


ばたばたと鳥の群れが田んぼの脇にいた。
図鑑めくるも同定できず?

少し上流に車で移動。
もうじき日没。


☆スズメのお宿☆
河原では、スズメのお宿。
ツバメとはねぐらの位置が違うそうだ。
河原にはいろんな鳥が飛んでいる。
後ろ姿はかもめだろうか?
ふと女木島の現代アート「かもめの駐車場」を思い出す。
ずらりと、板に描かれたカモメが並ぶアート。
かもめって目つき悪いよなぁ(苦笑)。


☆セキレイ☆
橋梁にセキレイが並んでいた。
こっちは、セキレイの駐車場?
徐々に日が暮れてくる。


茜色の空を見ていると、遠くに黒い鳥の影。
ダダダダっと近づいてきて、河原の草むらにツバメが降りて行った。


慌てて写真を撮るも、暗さと速さで、何も映らず残念!


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/29 溜川探鳥会(倉敷市玉島)

2016.10.29(00:23) 6372

☆溜川・観察小屋☆

午前中、溜川の探鳥会に参加。

川面を過ぎる風が何やら生ぬるく暑い。


☆青鷺☆

淀んだ川で灰色の鷺がエサを探している。

アオサギってじっとしてると彫刻のようだ。

☆カルガモ☆

黒いくちばしの先端が黄色いカルガモ。

遠いなぁ。

☆マガモ☆

くちばしが黄色いマガモのオス。

羽が変な色なのは、エクリプスらしい。

ツバメが川面を飛び交っている。

夏は水鳥も少ないなぁ…。

さて、今日は午後から仕事だが、暑いなぁ…(ボヤク)



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/4 倉敷みらい公園探鳥会

2016.09.19(21:34) 6340

☆スズメ☆

出勤前に、駅前の公園の探鳥会に参加。

☆シジュウカラ☆

町中の公園なんで、さして珍しい鳥がいるわけでもない。

が、小鳥のさえずりを聴きながら散策するのは楽しい。

☆スズメの水浴び☆

のんびり小鳥の動静を観察。

後ろ向きで、こっちをむいてくれない鳥もいる。

シジュウカラかな?

☆ハクセキレイ☆

公園の芝生の上をハクセキレイが歩いていた。

ぼちぼちぬぬ太も仕事行かなきゃなぁ(苦笑)。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/3の2 後楽園探鳥会(岡山市)

2016.09.19(03:08) 6338

☆カワラヒワ☆

観蓮節の終了後、探鳥会に参加。

今日のお目当ては、昨年見そびれたアオバズク。

今年は、ちゃんと見れました。

☆アオバズク☆

☆アオバズク2☆

後楽園のような街の真ん中の公園にアオバズクが住み着いているとは。

なんとも驚き。

☆アオサギ☆

園内を散策しつつ他の鳥も、観察。

もう夏だなぁとトンボの姿を見て思う。

井田の隣にピンクの蓮が咲いていた。

朝見た大名蓮とは、ずいぶん趣が異なる。

☆井田☆

田植え祭に参加した際に植えた稲が、しっかり育っていた。

ちょっと嬉しい。

☆ゴイサギ☆

今日も楽しい探鳥会であった。

鳥合わせの後、茶店で白桃ソフトを食す。

☆白桃ソフト☆

まったりとした甘味が美味美味。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/28 八幡川探鳥会(広島県五日市市)

2016.05.06(22:36) 6236

ぬぬ太の実家に行き、娘と父を乗せ、水鳥の浜公園に向かう。
80歳の父は、人生初のバードウォッチング体験。
まぁGW、孫相手に暇そうだったんだけど。

戦中戦後の食糧不足の頃に父は育っているので、田舎では野鳥は捕まえて食べていたそうだ。
レジャーとして鳥を見る時代になり、父は平和だなぁと、思っているようだ。

今日はシギチの観察らしく、まずチュウシャクシギから観察スタート。
長いくちばしの先が曲がっている。
遠すぎて、シルエットしか観察できず。

☆アオサギ☆

☆ミサゴ☆
まぁ戦争もなく、確かに平成のニホンは、ヘイワだよなぁ…。
良い世の中かどうかは、尺度次第だけど。

☆カワウ☆
アオサギやカワウが、水辺で遊び、ミサゴが空を舞う。
八幡川の自然は、まだまだ豊かだ。

☆マガモ☆
マガモもプカプカ浮いている。
父は慣れない双眼鏡操作に戸惑っているようだ。
まぁ小学4年生の孫が使っている程度の双眼鏡なんで、そう難しくはないはずだが。

堤防沿いで、ちょっと休憩。
結構、探鳥会ってよく歩く。

☆アオサギ☆
水鳥を見つつ、ただただ歩く。
娘は、親ほっぽいて、走り回っている。
まぁ他所のおじさんおばさんに、鳥について教えてもらうのも、いい体験なのだろう。

☆アオアシシギ☆
アオアシシギも群れている。
名前ほどには、足は青くないそうだ。

☆カラス☆
カラスが防波堤の上に止まっていた。
海陸とわず、どこにでも居るなぁ、カラス。

☆アオアシシギ2☆
しばらくシギを観察。

☆アオアシシギ3☆
水鳥は、動きがゆっくりなんで、初心者でも観察しやすい。

最後に湿地帯の方を観察。
娘は飽きてきたのか、座り込み始めた。

☆白鷺☆
湿地の中に白鷺発見。
チュウサギかなぁ?

高齢の父が堤防のハシゴを降りれなかったので、湿地行きは断念。
ちょっと早めに、探鳥会を離脱。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/25 ロープロ「スリングショット102AW」

2016.03.31(23:21) 6184

ワンショルダーのカメラバッグを購入。
下部に、クールピクスP610は余裕を持って収納可。

☆スリングショット102AW☆
ロープロの製品は、カメラバッグの割に安くて、作りがしっかりしている。
今日は、娘の終業式だったらしく、妻と娘は、溜川に探鳥にいったそうだ。
妻の使用感は悪くなかったようだ。
まぁ、この手のバッグは、使ってなんぼだしなぁ…。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/21 自然観察会「倉敷市の鳥カワセミをさがそう!」(倉敷市八軒屋・有城)

2016.03.31(22:49) 6178

さて、今月の博物館友の会の自然観察会はバードウォッチング。
倉敷市の市の鳥「カワセミを探そう」というイベント。

小瀬戸橋西詰に集合し、まずカワセミの説明を聴く。
模型やぬいぐるみがカワイイ。

☆オオジュリン☆
葦の中を行き来している鳥はオオジュリンというそうだ。

☆オオジュリン2☆
よく見ると、スズメとは違うなぁ。

☆オオジュリン3☆
よくあんな細い草に止まれるもんだ(驚)。

☆ツグミ☆
遠くでツグミが歩いていた。
よく宿舎の周りで見る鳥だ。

☆カルガモ☆
カルガモが気持ちよさそうに、川土手で休んでいた。

カモは沢山居たので、図鑑もってくれば良かったなぁ。
カモ見てると、土手にカワセミ発見。
が、数秒で飛び立ってしまい残念!
まぁ、一応今日のミッションはコンプリート?(笑)

☆河津桜☆
倉敷川の河津桜は有名らしい。
が、もう名残りだ。

ひばりも河原を歩いていた。
谷山浩子の「雲雀」を口ずさむ。
「誰も信じちゃくれないが お天道さまは くわせ者 誰も信じちゃくれないが アア あたしゃあいつに金貸した」
って歌詞…最後に雲雀がおひさまに「金返せ!」って騒ぐのが印象的。

☆河津桜2☆
桜越しに青空を眺める。
春だなぁ…。

また、カワセミが飛んだようだが、ぬぬ太は見れず。

☆カワウ☆
カワウが気持ちよさそうに羽を乾かしていた。

☆カワウ2☆
木の枝の先で、ポーズをとっているようだ。
広島城の堀端でも、こんな格好、よく見たよなぁ(懐)。

土手をよく歩いた探鳥会であった。
春の散歩は心地よい。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/10 ウエストバッグ「フィールドステーション」(ロープロ)

2016.03.26(02:22) 6162

ジョーシンの決算セールで見つけた、ロープロのウエストバッグ「フィールドステーション」。
双眼鏡や小型カメラを入れるカバン。

ウエストバッグとしては、やや大ぶり。
内部に、書物用の引き出し下敷きがついており、フィールドノートの記載や、図鑑の確認などに重宝。

買った途端に娘に取られてしまい…困ったもんだ。
まぁバードウォッチング用には、いいよなぁこのバッグ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/21 里庄美しい森探鳥会(浅口市)

2016.03.17(01:09) 6142

朝、久しぶりに倉敷三斎市に行く。
ワンコイングルメで、鯛茶漬けなどを楽しむ。
老舗旅館の味を、気軽に堪能し、食べ比べ。
テキトーに買い物をし、隣の浅口市に向かう。
今日は里庄美しい森でバードウォッチング。

☆ホオジロ☆
狭い山道を登ってグネグネ行き、里庄美しい森に到着。
駐車場ではホオジロが迎えてくれた。

☆里庄美しい森☆
県が整備した森林公園の愛称が「美しい森」らしい。

☆ホオジロ2☆
木のてっぺんでホオジロが鳴いていた。

☆ホオジロ3☆
池に向かう途中でもホオジロ発見。

この後しばらく鳥は見当たらず。
判別できないほど上空に猛禽類の小さな姿くらい。

☆ツバキ☆
ツバキの枝に目白発見。
しかし、メジロ動きが早すぎで、撮影できず。

溜池で、がまのほを取ろうとしたが、湿地のぬかるみに阻まれ断念。
先日の植物観察会で蒲の穂が爆発するのを覚えたようで、娘は残念がっていた。

しかし、鳥の見当たらない本日の探鳥会であった。
娘は飽きてきたのか、野外石彫で遊びはじめた(困)。
午後から広島に帰省するので、ちょっと早めに探鳥会を離脱。

☆ジョウビタキ(メス)☆
駐車場に降りる道でジョウビタキ発見。
通りがかりのおじさんが、頭が白いので尉鶲と言うそうだと教えてくれた。
たしかに尉って「おきな」の意味だけど(驚)。
メスは頭が白くないので、ビミョー(笑)。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/24 みやま公園探鳥会(玉野市)

2016.02.04(01:58) 6106

今日明日は大雪の予報。
どーも、高速道路も閉鎖されているようだ。
さすがにゲレンデ行を諦め、隣市のバードウォッチングに行くことに。

☆みやま公園探鳥会☆
宿舎から車で40分くらいのみやま公園にドライブがてら出かける。
駐車場で降りると、赤松池に鴨の群れ。

☆ヨシガモ☆
頭部が緑と茶の、ヨシガモが美しい。
姿が良いので、ヨシガモと言うそうだ。
(案外安直な名前だなぁ…)

☆メジロ☆
目白が梢を飛びまわっている。
忙しく動きまわるなぁ。

☆ビンズイ☆
草むらにいたのはビンズイという鳥だと教えてもらう。
娘はフィールドノートを取り出して絵を描いていた。

☆カワウ☆
カワウが中池の向こうで、キョロキョロ首を動かしていた。
遠すぎて、望遠でなんとか映る。

☆シロハラ☆
シロハラが枝に止まっていた。
よく、広島城の大本営跡で見た鳥だ。
よく歩いていたよなぁ、この鳥。

☆タイズ池☆
タイズ池を双眼鏡でウォッチング。
吹きさらしで、めちゃ寒い。
カモがチラホラ。

☆ジョウビタキ☆
羽に白い紋が付いたジョウビタキが、賑やかしい。
この鳥は、よく広島市の森林公園で見たよなぁ。

☆カワセミ☆
遠方にカワセミ発見。
倉敷市の鳥らしいが、倉敷市内で、まだ見たことがない(苦笑)。

☆ヤマガラ☆
本日のメイン「ヤマガラ」発見。
みやま公園のヤマガラは人に慣れているので有名。

☆手のりヤマガラ☆
ひまわりの種を娘が持っていると、何度も手に乗ってた。
戦後は、ヤマガラにおみくじを引かせる芸が流行ったらしい。

☆カワセミ2☆
中池では、ちょこちょこカワセミを見かけた。
いずれも遠距離だったのが残念。

☆白梅☆
ぼちぼち白梅が咲き始めていた。
春の訪れを感じるなぁ。

☆セグロセキレイ☆
自由広場の側の小川でセグロセキレイと遭遇。
しばらく水遊びするセキレイを眺める。
久しぶりの探鳥会だったが、初心者でも冬は鳥が見やすく、楽しいなぁ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/4 後楽園探鳥会(岡山市)

2015.10.10(22:58) 5905

最近、反抗期?な娘を朝から叱って、ちと疲れる。
お父さん業も、イライラすること、しきり。
まぁ、気を取り直し、後楽園の探鳥会に行った。

☆カルガモ☆
旭川のカルガモの観察からスタート。
2か月ぶりの探鳥会である。

☆イソシギ☆
側にイソシギもいたが、遠くて視にくい。
なんか河原の丸石が動いているように見える。

☆ダイサギ☆
遠方のダイサギも大口径のフィールドスコープで見せてもらう。
カメラで撮っても、なんか白い影にしか見えん(苦笑)。

☆セグロセキレイ☆
何の鳥かと、双眼鏡で注視したが、よく見るセグロセキレイ。
まぁ動きはカワイイけれど。

☆イソヒヨドリ☆
イソヒヨドリが、比較的近くで見れたのが、今回の探鳥会の収穫?
雄は特に色がキレイだ。
橋げたに止まってくれたので、娘と一緒に双眼鏡で、じっくり観察できた。

☆イソヒヨドリ2☆
併せて妻がクールピクスで撮っては、ぬぬ太のスマホに転送してくれた。
やっぱ高倍率の望遠は、コンデジとはいえ重宝。
正面から見た鳥の顔って、イソヒヨドリに限らず、ちょっとマヌケ。

☆チュウサギ☆
旭川を下って行くと、チュウサギが魚を採っていた。
テクテク歩く足の先が黄色いのが特徴らしい。
水から出入りする足先をチェックすると、確かに黄色い。

☆チュウサギ2☆
魚を採ったり、川面を飛んだりするチュウサキを、しばし観察。
川を行きかう鳥を眺めるのも楽しいものだな。

☆イソシギ2☆
中州にイソシギも歩いていた。
先ほどは遠くて視にくかったが、この距離だとばっちり視認。

☆イソシギ3☆
砂の色と体色が良く似ているが、視認に問題なし。
嘴が長く独特の顔の鳥である。

☆イソヒヨドリ3☆
遊歩道を歩いていると、イソヒヨドリのメスが居た。
娘が一番に見つけたこともあり、ずいぶん得意そう(苦笑)。

☆イソヒヨドリ4☆
雄に比べると、ずいぶん、地味。
まぁ、自然界ではそーゆーものかもしれないが。

☆アオサギ☆
グレーっぽいけど、名前はアオザギ。
歩道のすぐ下の河原を歩いていた。

☆アオサギ2☆
サギもちゃんと見分けられればいいけれど。
旭川を後にして、後楽園に入園。

☆延養亭☆
延養亭前には、カメラを持った観光客などが多々。
丹頂鶴を園内で放ち、散策させているようだ。
そーいえば公式HPにも案内があったな。

☆丹頂鶴☆
なかなか美しい鳥だ。
「千代やへん空とぶ鶴のうちむれて庭におりいる宿の行末」という和歌を池田綱政公が詠んだそうだ。
池田の殿様も、鳥好きだったのだろう?

☆丹頂鶴2☆
野鳥の会の会員さんたちは、飼われている鳥には、見事なまでに興味がないらしい。
完全にスル―であった(笑)。
キレイナ鳥だが、アウトオブガンチュウなのだろう。

しかしカメラを持った人達が多く、なんか丹頂鶴の撮影会みたいだったなぁ、後楽園。
人込みに少々疲れる。

☆丹頂鶴3☆
ちなみに後楽園の鶴は、戦後中国から贈られ、飼育が再開したそうだ。
パンダや鶴など、動物外交の頃の中国は、ほのぼのしていたのになぁ。

池の蓮にも実が着いており、季節の移ろいを感じる。
ミシシッピーアカミミカメもちらほら泳いでいた。

☆クロアゲハ☆
クロアゲハがヒラヒラ飛んでいた。
もうチョウの季節も終わりだろうに。
ヤマガラが目の前の木の枝を飛び交っていた。
あまりに早く動くので、観察はできたが、写真は撮れず。
おみくじを引く鳥と説明を受けたが、ぬぬ太はそーゆー芸は見たことがない。
いつ頃まで、おみくじを引く芸のやまがらが、神社にいたのだろうか?

☆キジバト☆
芝生の上に、キジバトが居た。
人を恐れるでもなく…。
さすが観光地。
樹上でコサメビタキが、フライキャッチを繰り返していたが、遠くてよく見えず。
なにか枝先で飛び交っているのは見えるのだけど。

☆ハクセキレイ☆
ハクセキレイがテクテク歩いていた。
娘は樹上のシジュウカラを見ていたようだ。
親子でも視線が違うものだなぁと思う。
当たり前だが、子供は親のコピーではない。

娘は鳥あわせの後、感想文を書いてほしいと依頼されていた。
が、恥ずかしがって拒否ってた(苦笑)。
どーも、文章を書くのが苦手なのかなぁ(困)。
まぁ、今日も楽しい探鳥会であった。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/2 後楽園バードウォッチング(岡山市)

2015.08.04(02:50) 5823

さて、夏季休も後半に突入。
後楽園の探鳥会に出かけた。
定例探鳥会だが、夏はアオバズクが見られるらしい。

☆竹下夢二の石碑☆
で、期待大。
最初は、旭川を探鳥。
ちょうど夢二の石碑があった。
今年はユニクロのユカタのデザインになったので、ちょっと話題に。

☆カルガモ☆
河原にカルガモがいたので、とりあえず見てみる。
カワイイ。

☆ダイサギ☆
遠方に白いサギ。
ダイサギと教えてもらう。

☆追込み漁☆
カワウが集団で追込み漁をしていた。
まぁウカイとの文化があるくらいだから、ウが漁をするのは、フツーかもしれないが。
(もっともウカイのウはウミウらしい)

☆カワウ☆
妻がニコンP610で、カワウの飛翔をパシャリ(写)。
偶然とはいえ、3万円のコンデジで、飛翔中の鳥が撮れるとはビックリ(驚)。

続いて、後楽園に入園。

☆大名蓮(花葉の池)☆
名残の大名蓮が、大きな花を咲かせていた。
が、娘はスルー。

☆ヒキカエル☆
娘は葉の上の、蝦蟇を見ていたようだ(やれやれ)。
コブシ2個分くらいはある巨大なヒキガエルの堂々とした姿にびっくり。

花葉の池を通過ぎ、2色が丘に入る。
昔は山桜とかえでの2種が植わった森だったそうだ。
今では暗い杉林で、立っているとヤブカが足を刺す。
(うっかり短パンで来たことを後悔)
公園の探鳥会なんで、長袖長ズボンまで、想定せず(自爆)。

この森にアオバズクがいるらしい。
一昨日も目撃されているようだが、昨夜の花火大会で、逃げ出したのかも?
ヤブカに足を7か所も咬まれたのにアオバズクには会えず、残念!
ちょっと集団を抜け、流店で足を冷やす。

☆カワセミ☆
アオバズクに代わり、カワセミが大サービス。
花交の池で、すぐ近くで見れ、大満足。
広島城の堀でもよく見た鳥だが、すぐ近くで見たのは初めて。

☆カワセミ2☆
まだ成鳥ではないらしい。
これから、もっと羽の青緑が鮮やかになるのだろう。

☆カワセミ3☆
カワセミを見ると、つい、村上康成の絵本を思い出す。
デフォルメされたカワセミなどの野鳥が、可愛かったよな。

☆岡山城(烏城)☆
黒っぽい天守の姿をカラスに模し、烏城との別名を持つ岡山城。
池田のお殿様の城は、シックで美しい。

☆ムクドリ☆
妙な色のムクドリ発見。
若幼鳥らしい。
実はムクトリが留鳥というのを知らなかったぬぬ太。
(今日の探鳥会は一つ勉強になりました)

☆セグロセキレイ☆
三次の宿舎の駐車場でよく見ていたセグロセキレイ。
後楽園にも、いろんな野鳥が住んでいるのだなぁ。

☆アオサギの若鳥☆
花交の池にはアオサギの若鳥もいた。
魚を採っているのだろうか。

☆アオサギ2☆
木のてっぺんにも止まっている。
このポーズは砂川公園でも見たっけ。

☆アオサギ3☆
枝にもアオサギ見っけ。
田んぼじゃなくても、沢山いるもんだ。

☆アブラゼミ☆
ジージーとセミの声が響いている。
アブラゼミとミンミンゼミのようだ。
帽子でミンミンゼミを採ろうとしたら逃げられた(泣)。

☆ハクセキレイ☆
顔の白い部分が多いハクセキレイも発見。
見慣れた鳥を見ると、なにやらほっとする。

☆沢の池☆
娘は高校生のお姉さんと友達になったらしく、一緒に歩いていた。
もう親よりも友達らとの時間の方が楽しいのだろう。

☆セミ補食中のスズメ☆
セミを食べているスズメを発見。
雑食だなぁ。

まぁぬぬ太と違って、補虫に成功したのだろう。
大きなセミの羽を咥えたスズメの姿は、どこかユーモラス。

☆ヤブラン(リリオペ)☆
最後にヤブランの咲く馬場で、鳥合わせ。
ちょっと熱中症気味で、頭がクラっ。
汗まみれなんで、早く帰ってシャワーして昼寝しよう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

6/28 毛無山バードウォッチング(岡山県)

2015.07.07(21:21) 5761

県北の新庄村にある毛無山(けなしがせん)にバードウォッチングに行く。
高速道路で蒜山高原まで行き、峠越えで引き返す。
車を買い替えて、家族でのドライブが増えた気が。

倉敷自然博物館友の会の行事で、山の家に集合。
参加者多数で、鳥も逃げそう(苦笑)

☆山の家☆
9合目の小屋まで登るらしく、ほとんど登山?
まぁ長靴で登っている強者女性もいらっしゃったが(驚)。

☆ヤマアジサイ☆
山紫陽花や小紫陽花の咲く登山道をたんたんと登る。
沢の水音が心地よく、森林浴気分。

☆コアジサイ☆
こーゆー地味な紫陽花を見ていると三瓶山を思い出す。
青年の家の近くの自然観察路にも、よく咲いていたなぁ。
夏山は葉が茂っているので、鳥の姿は全く見えない。

さえずりばかりが、よく聞こえるけど。
鳥発見するも逆光で見えにくい。

☆オオルリ☆
なんとオオルリであった。
が、この日、目視できた最初で最後の鳥であった(爆)。
まぁ1種でもバードウォッチングできて良かった。
(冗談めかしてバードリスニングなどと言っていたけれど…)
鳥の声って英語ではウッドノートだったよなぁ。
同名の探鳥マンガがあったのをふと思い出す。

☆ギンリョウソウ☆
急登が続き息が上がる。
ギンリョウソウが幽霊のように見えるのは、呼吸が苦しいせい?

☆ヒオドシチョウ☆
木肌か枯葉のように見えるヒオドシチョウ。
羽を開かないと、超地味。

☆九号目☆
9合目の山小屋で昼食休憩。
もっとも元気な人たちは、その間にピークハントしたようだけど。
すでにぬぬ太も妻もバテバテ。
娘だけが、小屋付近を元気に走り回っていた。

☆大岩☆
さて下りが、ぬかるんでいて、かなり大変。
ずるずる滑る。

娘は尻餅をついて、お尻がドロドロに(苦笑)。
まぁ山登りに転倒や尻餅はつきものだ。

沢沿いを下り、あと一息で登山口。
楽しい探鳥会であったが、鳥の現認は1種のみで残念!

☆エンレイソウの実☆
植物や昆虫などもちょこちょこ見ながら、観察会終了。
ちなみに9合目まで登ったのはクロジの声を聴くためだったらしい。
図鑑の分布外の生息を確認するのが、今日の観察会のポイントだったそうだ?

☆ひめっ子の自販機☆
新庄村のご当地自販機で、ジュースを買いゴクゴク。
なんか探鳥会っていうよりプチ登山って感じのイベントであった(笑)。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/12 瀧ノ口グリーンシャワー公園探鳥会(岡山市)

2015.04.25(11:27) 5637

岡山県の探鳥会に初参加。
車で1時間くらいかかるので、案外遠い倉敷~岡山。

☆ツグミ☆
最初にツグミ発見。
渡り鳥だが、5月頃までは見れるそうだ。
ひとつ勉強になった。

☆ウグイス☆
逆光でよく見えんが、声からするとウグイス?
鳴き方は、まだ下手でケキョケキョ。

☆松ぼっくり☆
娘が1歳のころ、よく遊んだ公園。
当時は岡山市在住。
3歳の登山デビューも、ここの瀧ノ口山だったよなぁ。
福山から遊びに来たっけ(懐)。
ポッキーで釣って、展望台を目指したよなぁ。
おぶって下山したよなぁ…小さな山だが。

☆ヤマガラ☆
冬の鳥見とちがって、枝に葉が多く、案外見にくい。

足元を甲虫が歩いていた。
マイマイガブリかな?

☆椿☆
公園内の椿園を抜け、少し山道に入る。

キビタキの声はすれども、姿は見えず。

☆菫☆
オオルリが見えたが、写真撮れず残念。

☆八重桜☆
森の中のバードウォッチングは鳥との距離も遠く、初心者にはキビシイ。
まぁ花でも愛でながら、森林浴だ。

☆アオサギ☆
田んぼにアオサギ発見。
そこそこデカイ。

☆アオサギ2☆
娘と一緒に双眼鏡で観察。
妻は買ったばかりのP610での撮影に忙しい。

☆スノードロップ☆
てくてく歩いて小川沿いに出る。
カモが水面に見えたが、遠すぎてワカラン?

☆イソヒヨドリ☆
遠方の建物に鳥発見。
イソヒヨドリは案外キレイな鳥。

☆イソヒヨドリ2☆
かなり望遠使って、妻がなんとか撮影。

☆コシアカツバメ☆
川沿いの養護学校の建物に燕のコロニー。
ひょうたんみたいな巣がたくさんかかっていた。
コシアカツバメらしい。
川の上を飛び回っているのを双眼鏡で見ると、確かに腰のあたりが赤い。

☆アマガエル☆
駐車場で鳥合わせ。
頭上の梢にヤマガラがちょこちょこ。
娘は鳥見に飽きたのか、カエル採り(苦笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/4 広島城探鳥会(中区)

2015.04.11(00:56) 5625

さて、実家に帰省ついでに、広島城探鳥会に参加。
娘が大好きな探鳥サイトで、思いで深い。

☆シロハラ☆
城址公園では、早速、シロハラを発見。

☆桜の花びら☆
ここ数日の雨で、桜もずいぶん散ってしまった。
今年の花見は終わったかな(笑)。

☆ツグミ☆
探鳥会に来るようになって、少し鳥の名前を覚えたなぁ。
冬鳥なんでもうじき見れなくなるツグミ。

☆シジュウカラ☆
愛らしい動きのシジュウカラ。

☆シジュウカラ2☆
ネクタイは見えないなぁ。
子供への説明に詰まる(自爆)。
なかなか正面を向いてくれないシジュウカラ。

☆カイツブリ☆
カイツブリが3羽すごいスピードで堀を泳いでいた。
フィールドスコープの視野に入れてもすぐに視界から外れるようだ。
双眼鏡の方が見やすいのかも?

桜の花びらを踏みながらお堀端を散策。
広島市の中心部だが、案外、自然の濃いい城址公園。

☆カイツブリ2☆
1羽のカイツブリが、くるっとUターン。
鳥の動きは面白い。

☆天守閣石垣☆
今日は、カワセミが見当たらず残念。
当面、最後の広島城探鳥会なんで、できたらカワセミにも会いたかったのだが…。

いつもの探鳥コースをふらふら散策。
桜の時期の広島城は美しい。

☆キンクロハジロ(オス)☆
堀にはキンクロハジロが多数。
水鳥の泳ぐ姿を、じっと眺める。

☆シロハラ2☆
本格的に探鳥会に通い始めて、早、半年近く。
普段の散歩でも、鳥の姿や声に留意するようになった。
そーなると自然が今までよりも、豊かに感じられる。

☆ナシ☆
白い花が咲いていたが、梨の花であった。
ガールスカウトが付設したネームプレートに木の名が書かれていた。
絵や写真しかふだん見ることが乏しいので、ちょっと驚き。

☆ミクルマガエシ☆
大輪のミクルマガエシも美しく咲き誇っていた。
説明板によると、あまりの美しさに後水尾天皇が御車返した故事が名の由来だそうだ。

後水尾天皇の和歌「世の中は 気楽に暮らせ何ごとも 思えば思う 思わねばこそ」を、ふと思い出す。
井原の田中美術館の彫刻「気楽坊」のキャプションに書かれていたのだ。
徳川家康の意向に左右された在位に、いろいろ思うところがあった生涯なのだろう。

☆亀☆
気楽そうに、甲羅を温めている亀を見て、なにやらリラックス。

☆被爆マルバヤナギ☆
被爆樹木のマルバヤナギも新芽が出てきた。
春は命の季節だ。

☆キンクロハジロ(メス)☆
最後に堀をこえて城の西側に。
キンクロハジロのメスはオスに比べて地味っ!
鳥合わせをして探鳥会終了。

☆広島城☆
最後に、広島城をバックに親子で記念撮影。
楽しい探鳥会であった。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/3 「ツグミ(園地)」(倉敷市)

2015.04.10(23:53) 5623

朝、園地にツグミが居た。
冬鳥なので、そろそろお引越しかな?

☆ツグミ☆
渡り鳥の姿に、自分の転勤暮らしを、つい重ねてしまう。
さて、今日から倉敷支部に出勤だ。

☆ツグミ2☆
まぁ役所の転勤は、鳥ほど遠くに行くわけではないと、自分を慰める。
反面、久しぶりの倉敷勤務は、楽しみでもあるのだが。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/14 安佐動物公園探鳥会(広島市安佐北区)

2015.03.17(12:50) 5582

安佐動物公園での探鳥会に出かけた。

☆安佐動物公園☆
園地が広いので、そこそこ鳥もいるだろう。

☆ヒヨドリ☆
入園すると、サル山の側の木々をヒヨドリが飛び交っていた。
結構、にぎやかしい。

☆紅梅☆
遊歩道沿いに梅が咲いており、春気分。

☆ライオン☆
猛獣コーナーのライオンが、のんびりしていた。
春の動物園もいいもんだな。
学校が春休みになると、入園者も増えそうだ。

☆ハヤブサ☆
今日の説明してくださっているのは、安佐動物園の元副園長さんらしい。
鳥見に併せて、飼育鳥の説明も聞かせてもらった。

☆トビ☆
普段は上空を飛び交う姿を双眼鏡で見上げる猛禽も、動物園では間近に見られる。

☆フクロウ☆
フクロウも、野生で見るのは難しいしなぁ…素人には。

☆イカル☆
イノシシの檻の近くで、イカル発見。

☆イカル2☆
嘴の黄色い鳥だ。
双眼鏡でしばしバードウォッチング。

☆ツクシガモ☆
大鳥舎にツクシガモが居た.
先日、八幡川の探鳥会で、超遠目に見た鳥だ。
遠目に黒っぽいカモのフォルムが見えただけで、どんな鳥かと思っていた。
三毛猫のような彩りのカモだったとは。

☆コウノトリ☆
西園をテクテクあるく。
鶴やコウノトリが飼育されている。
(目つき悪いよなぁ…コウノトリって)

☆スズメ☆
飼育鳥の餌を取りに来ているのかなぁ…すずめ?
エナガの群れが梢を飛び交っていたが、小さくて動きが早く、撮影失敗。

☆コガラ☆
止まっている鳥を撮ったが,コガラかな?
娘は鳥見に飽きたのか、先日「みなと祭り」で一緒だった男の子と遊び始めた。
走り回ったり、一緒に図鑑を見るのが楽しいようだ。
まぁ、子供は3時間はもたないだろうとは思っていたけれど。

☆コガラ2☆
2時間弱で、探鳥会を途中抜けし、バックヤードガイドに向かう。
今日は、アヌビスヒヒだ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/7 広島城探鳥会(広島市中区)

2015.02.16(22:19) 5527

最近、ちょこちょこ参加する広島城探鳥会。
今日はどんな鳥に会えるのやら?

☆シロハラ☆
最初に遭遇したのはシロハラ。
地面を歩いている。

☆シロハラ2☆
イマイチこちらを向いてくれず、後ろ姿を眺めるばかり。

☆ハクセキレイ☆
顔が白っぽいハクセキレイ。
横顔を撮るとセグロセキレイとの違いがよく分かる。

☆ムクドリ☆
くちばしが黄色いムクドリ。
足も黄色いそうだが、草の中を歩いているとワカラン?

☆ヒヨドリ☆
宿舎の裏庭にも、朝よく飛んでくるヒヨドリ。
頬が赤く不二家のペコちゃんちっく(笑)

☆ツグミ☆
結構、沢山見たのがツグミ。

☆ツグミ2☆
アップで見ると、顔の表情がカワイラシイ。

☆ジョウビタキ☆
近所の比治山でもよく見るジョウビタキ。
羽根の白い紋が印象的。
先日もらったリーフレットには紋付鳥との別名が記されていた。

☆シロハラ3☆
こんどはこっちを見ているシロハラ。

☆セグロカモメ☆
お城のRCC側でよく見るセグロカモメ。
シッポの白斑がカワイイ。
顔はイジワルそうだけど。

☆シジュウカラ☆
カワイイ「シジュウカラ」。
ネクタイが特徴だが、こっちを向いてくれない。

☆シジュウカラ2☆
娘にネクタイ着けた鳥だと説明したが、こっち見てくれないとワカラナイ。

☆メジロ☆
シジュウカラよりもちっちゃいメジロ。
名前の通り、目の周りが白い。

☆メジロ2☆
このあいだ植物公園でも見たよなぁ。
そーいえば比治山で見たこともあったっけ。
身近な鳥だ。

☆ジョウビタキ2☆
天守閣の側で、またジョウビタキ発見。

☆広島城天守閣☆
堀の側を歩いていると、水の上を青い鳥が飛び去った。

カワセミだ!
石垣の間に止まった。

☆カワセミ☆
が小さい上に遠い。
コンデジ(クールピクスP510)の望遠で撮れるのは、この程度。

最近、ぬぬ太愛用のパタゴニアのダウンベスト。
カワセミっぽい色がお気に入り。
双眼鏡タンクローを首にかけ、ちんたら歩く。

☆トビ☆
電波塔にトビが止まった。
「トンビに油揚げ」なる言葉もあるが、ほんとに油揚げを食べるんだろうか?
軍人さん向けの金鵄勲章って金色のトビだったよなぁととりとめのない連想。
まぁ広島城って、大本営でもあったしね。

☆ツグミ3☆
本丸から二の丸に向かって歩く。
今日はツグミをよく見るなぁ。

☆ハクセキレイ2☆
セグロセキレイかと思ったが、横顔を見るとハクセキレイのようだ。

☆ジョウビタキ3☆
赤褐色のお腹がユーモラスなジョウビタキ。
今日は、色んな鳥をちょこちょこ見たなぁ。

☆エナガ☆
表御門付近の木の枝で尾の長い鳥が飛び交っていた。
エナガらしいが、逆光でよく見えない。
しっぽが長いのを柄に例えたネーミングらしい。

☆ホシハジロ☆
最後に堀端で水鳥を観察。

餌付けされているのか、人に寄ってくる(苦笑)。
娘がカイツブリがいたと教えてくれるが、イマイチ分からず。
子供のほうが、鳥を覚えるのが早い?

☆ハクセキレイ☆
最後の鳥合わせをしていると、ハクセキレイが参加者の間を歩きまわり大サービス(笑)。
人馴れしてるのかな?

☆ヒヨドリ☆
ヒヨドリがいい感じで、木の枝に止まっていた。
見慣れた鳥だが、じっくり見ると楽しい。

☆キンクロハジロ他☆
最後に、ちょこっと水鳥を見て、本日の探鳥会終了。
身近な広島城でも、結構、いろんな鳥が見れるものだ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/12 広島市植物公園探鳥会(佐伯区)

2015.01.19(00:04) 5490

3連休の最終日は、植物公園の探鳥会に行く。
ガイドは安佐動物園の職員さんだったけど(笑)
同じ市の施設なんで共助してるんだろうな。

☆広島市植物公園☆
集合場所は展示資料館。
時間まで、開催中の盆栽展を見て時間をつぶす。
いろんな盆栽があり樹形が楽しい。
箱庭的小宇宙。

☆ホオジロ☆
ぞろぞろと針葉樹園の方に向かって歩き、バードウォッチング開始。
カワラヒワなどが群れている。
樹上の鳥はホオジロかな?

☆アトリ☆
バシャバシャ写真を撮ったが、逆光でイマイチ。
アトリの群れは、たくさん撮れたけど。

☆アトリ2☆
結構、樹上に鳥がいるもんだ。
もっとも植物園は薬剤散布の関係で、動物園ほど鳥はイないそうだ。
(ガイドさんの話では)

☆アトリ3☆
動物園でも探鳥会はあるようだが、参加者は植物園より少ないらしい。
客層のちがいであろう?

☆アトリ4☆
そーいえば昔読んだマンガ「ウッドノート」のヒロインってヒワとアトリだったよなぁ。
確かバードウォッチング部が舞台の青春モノだった。

☆アトリ5☆
あんまり樹上にアトリが群れていたので、ふと思い出した(笑)。

植物公園は木が高いので、梢に止まる鳥も遠景。

写真とってもイマイチ同定に苦慮?
この鳥はなに?

続いて池で水鳥を見る。
こっちは見やすい。

☆バン☆
黒っぽいバン。
泥の上を歩く仕草もカワイイ。

☆バン2☆
泳ぐ姿もどこかユーモラス。

初心者には水鳥のほうが見やすい。

☆マガモ☆
マガモもチラホラ。
緑の頭が特徴的なんで、子供でも知っている鳥。

☆マガモ2☆
最後に、キツネメガネ(緑と青の透明シートを重ねたもの)が配られた。
で、狐の見る世界を疑似体験。
こんな色で狐は鳥を狩っているのだな。
動物園のガイドさんらしい、オプション体験でした(笑)。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/23 八幡川探鳥会(広島市佐伯区)

2014.12.31(01:28) 5451

八幡川探鳥会に参加。

☆ホオジロ☆
最初に遭遇したのはホオジロ。
顔の模様が面白い。

☆ホオジロ2☆
枝に止まっていたので双眼鏡でじっくり観察。

工事現場を避け、河口に出る。
水鳥が多々。

☆八幡川河口☆
沢山いすぎて、カモの区別は初心者には???

しかたなくもらったリーフレットで同定を試みる。
うーん??わからん。

鳥の計数をしているらしく、責任者らしい人はどんどん先に行き、途中で集団はバラバラ。
娘は、ちゃっかりベテランそうなお婆さんに着いて行って、いろいろ教わっていた(苦笑)。

☆ジョウビタキ☆
ジョウビタキが柱に留まっていた。
よく見るキレイな羽の鳥だ。
(帰路には水浴びをしていた)

娘はセンダンソウのひっつきむしで遊んだり、カワラヨモギをむしったり(苦笑)。
ちょっとカモに飽きたかな?

☆アオサギ☆
埋立地の池の端にアオサギが止まっていた。
アニメ「花咲くいろは」に再三出てきた鳥だ。

アニメで毎週のように見ていたせーか、この鳥には娘も興味を持っていた。
するとツクシガモが池に降りてきた。
周りの人たちの話では、瀬戸内では珍しいカモらしい。

☆ツクシガモ☆
くちばしの色や体色など教えてもらったが、遠すぎてビミョー。
写真もぼけちゃったし。

到着地で、野外の茶話会。
外で食べるお菓子も美味しい。

☆ビロードキンクロ☆
黒いカモにみなさん注目していたが、ビロードキンクロという鳥らしい。
図鑑見せてもらい、再びフィールドスコープをのぞかせてもらう。
珍しい鳥なんだろう?
ビロードキンクロに他所を向かれ、顔が映らず残念。

☆セクロセキレイ☆
堤防の上にセキレイが止まっていた。
なんともカワイイ。

☆みずとりの浜公園☆
集合場所のみずとりの浜公園で解散。
娘とちょっと公園で遊ぶ。
己斐(西区)の宿舎に住んでいた頃は、この公園にも時々遊びに来ていた。
まぁ幼稚園の年中のころなんで、娘はさっぱり覚えていなかったけれど…。

さて、ナフコで買い物して帰ろうか…。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/6 広島城探鳥会(広島市中区)

2014.12.14(14:55) 5427

広島城の探鳥会に参加。

☆ジョウビタキ☆
最近、比治山公園でよく鳥の姿を見かける。
少し鳥の名前も分かればいいなぁ。
よく見るオレンジの腹の鳥はジョウビタキと言うそうだ。
フムフム。

☆セグロセキレイ☆
三次の宿舎の駐車場によく居たセキレイも見かけた。
顔が黒っぽいのでセグロセキレイだろう。

この鳥は帰って図鑑で調べたが同定できず。
初心者には地味な鳥はよく分からない。

☆セグロセキレイ☆
娘に鳥の名前を教えるが、イマイチ、スルー(苦笑)。
まぁ子供的には、双眼鏡を見るのは楽しくても、鳥の名前には興味が無いのだろう。

☆ぬぬ太親娘☆
日は照っていたものの、寒波が来ているのか、気温は低い。
立ち止まって観察していると、少々肌寒い。

☆セグロカモメ☆
変な鳥が居たが、セグロカモメだそうだ。
なんかカモメってフェリーに乗っている時に見るイメージがあったのでビックリ。
まぁ、埋め立てで広島城から海は遠いが、空をとぶ鳥にとっては短距離なのかも?

堀に出るとカモが沢山。
水鳥は初心者でも見やすい。

☆キンクロハジロ☆
目つきの悪い鳥はキンクロハジロと言うそうだ。
娘はフィールドスコープで見せてもらって、目が怖っ!と言っていた(苦笑)。

☆ホシハジロ☆
頭が茶色いホシハジロ。
三次に住んでいた頃、灰塚ダムでよく見た鳥だ。
ブッポウソウもよく見かけたよなぁ。

☆ジョウビタキ☆
比治山公園で散歩中によく見かけるジョウビタキ。
広島城址公園にも、結構、いるんだなぁ。

☆カワセミ☆
堀を飛び交っているカワセミ。
今日は1匹しか見かけなかった。
コンデジでは、この程度にしか撮れない。

☆カワウ☆
堀にはカワウも居た。
太田川でよく見る鳥。

☆カワウ2☆
羽を広げて気持ちよさそうだ。
乾かしているのか」、日向ぼっこか?

最後に鳥合わせをして探鳥会終了。
寒かったので、基町の中華料理店「四季」でランチ。

☆麻婆豆腐☆
スパイシーな麻婆豆腐が、冷えたからだに効く。
胃の中がポカポカ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/4 「広島城探鳥会」(広島市中区)

2014.10.05(01:16) 5294

娘が野鳥に興味を持ち始めたので、探鳥会に連れて行ってみることに。
(三次在住時に風土記の丘の探鳥会に連れて行ったら、退屈だったのか娘はずっと植物集めて遊んで困った)

さすがに2年生なんで、一応、鳥を見ていた(苦笑)。
双眼鏡もなにやら自分でピント合わせてたし。

メジロ、カワセミ、ヤブサメ、コサメビタキ、コゲラ、ヒヨドリなどを見た。
昼休みなどに散歩している広島城跡公園に、こんなに野鳥が居たのかと驚き。

タクシーを降り、開始時間までおにぎりを食べていた。
木の先をメジロが横切っていった。
普段は小鳥の姿のなど気に留めていなかったのだな。

ヒヨドリが飛んで行くのを教えてもらう。
案外沢山いるもんだ。
一旦、鳥が視界に入り始めると、面白い。

藪の下を歩きまわっているヤブサメ。
木の陰で見難いが、鳥ってあんなふうに藪の下を歩くのかと思う。
帰って図鑑を見ると確かに白い眉のような模様が特徴。
鳥の顔が確認できず残念!

娘は、たのウォッチャーさんにフィールドスコープでカルガモなどを見せてもらっていた。
カモは子供には観察させやすくてアリガタイ。

☆広島城☆
圧巻は天守閣の裏で見ていると堀をカワセミが飛び交っていた。
素人目に見ても3羽くらいは飛び交っていた。
堀にそって飛んで行くのが見れ、ちょっと嬉しい。

あと大本営跡付近の木にコサメビタキという小鳥が行ったり来たり。
同じ枝に再三戻ってくるので、初心者でも容易に双眼鏡に姿を捉えられた。
買ったばかりのタンクローR、大活躍中。

コゲラも木の幹でのんびりしているので、双眼鏡の視界に捉えやすかった。
最後に取り合わせ。
ぬぬ太が見れたのはゴクゴク一部であった。
(オオルリは見そびれ残念…見た人もチラホラ)
⇒10/4 「広島城探鳥会」(広島市中区)の続きを読む

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/3の2 ペンタックス「タンクローR(8☓21)」

2014.10.05(01:16) 5295

安売りしてたんで買っちゃった「タンクローR」。
明日の探鳥会で使用予定。
若いころ買ったビクセンのに比べ、小型で軽量。

PENTAX 双眼鏡 タンクローR ポロプリズム・センターフォーカス式 8倍21mm有効径 8×21UCF R 62209PENTAX 双眼鏡 タンクローR ポロプリズム・センターフォーカス式 8倍21mm有効径 8×21UCF R 62209
()
ペンタックス

商品詳細を見る

道具もたまには買い換えなきゃなぁ。
娘と一緒に鳥見もいいものかも?

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/15 「こふんの森たんけん3 野鳥かんさつ」みよし風土記の丘

2014.02.16(16:58) 4787

市内の歴史公園「みよし風土記の丘」のイベント「こふんの森たんけん3 野鳥かんさつ」に行ってみた。
最初に博物館で、県北で見れる鳥の解説講座があった。
が、小学1年生には、やや退屈な講義であった。

その後、公園内に出て、探鳥。
娘はいまいち双眼鏡の使い方が上手くなく、肉眼に頼っていた。
〈小学生にとっては8倍程度の双眼鏡も、扱いが難しいのだろう)

まわりの人達がヤマゲラがいるというので、双眼鏡で見てみた。

☆ヤマゲラ☆
ヤマゲラって、キツツキの仲間だったよなぁ。
普通に公園にいるもんなんだ〈驚)。

3DSの生き物図鑑、持ってくればよかったな。
娘は飽きて、松ぼっくりや木の実を拾って遊んでいた〈困)。

☆山茶花☆
まぁ、自然に親しんでくれれば、良いとしようか(苦笑)。
双眼鏡での観察は諦め、妻はデジカメで、鳥撮影を始めた。

☆ヤマゲラ2☆
まぁ、カメラのモニターの方が、子供に見せるには都合が良い。
いっそのことタブレットもってきて、カメラから画像飛ばせば良かったかな?

☆ツグミ☆
木の先にツグミが止まったようだが、8倍の双眼鏡では遠すぎ。
カメラのモニターでかろうじて確認。
えらく寒い、探鳥会であった。

しかしバードウォッチングを楽しむには、少しは鳥の名前と特徴を覚えなきゃなぁ…。
(子供より、親に勉強が、必要だ…爆)

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/6の2 バードウォッチング「ブッポウソウ」知和ウェットランド(三次市吉舎)

2013.07.09(13:22) 4301

久しぶりに、知和ウェットランドに立ち寄る。
この時期には、ブッポウソウが観察できると、聞いていたのだ。

☆ムラサキツユクサ☆
雨が降ったり止んだりの、不安定な天気だ。
ムラサキツユクサが咲いていた。
生物の教科書の「細胞の原形質流動」のところに出てくる植物。
高校卒業して30年も経つのに、こんなことは覚えているもんだなぁ(苦笑)。
五教科七科目もあった共通一次試験も遠くなりにけり…〈懐)。

☆ムラサキツユクサ(白)☆
白い花もあったが、調べてみるとシロバナツユクサではなく、ムラサキツユクサの白花であった。
白いムラサキツユクサとは、なんとも、ややこしい(苦笑)。

☆合歓木の花☆
合歓木の花が満開であった。
赤い糸が束ねられた花が、遊歩道に沢山落ちていた。
娘は、奇妙な形の花を拾っては、不思議そうに眺めていた。

フレントリ館について、早速、屋内からバードウォッチング。
といっても、管理人さんに合わせてもらったフィールドスコープをのぞき込んでいるだけだが(自爆)。
300mほど離れた湿地上の電柱に巣箱がかかっていた。
ひなの餌やりに帰ってくるブッポウソウを、お気楽ウォッチング。

遠すぎて、うちのカメラでは、写真撮影ができなかったのが、残念。

甦れ、ブッポウソウ (ネイチャー・ストーリーズ)甦れ、ブッポウソウ (ネイチャー・ストーリーズ)
(2004/05/13)
中村 浩志

商品詳細を見る
三次市に引っ越してきてから、興味を持っていた鳥なんで、関連書籍を1冊読んでみた。
鳥の生態観察本だが、ミステリーを読むような、楽しさがあった。

☆洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)☆
ヨウシュヤマゴボウの花が咲いていた。
これって、馬洗川の川原にも、いっぱい咲いてたなぁ。
調べてみると、実は毒草であった(驚)。

近くに真新しいクワガタムシの頭部が落ちていた。
鳥の食べ残しかな?
路上にクワガタムシの頭が生えているように見え、ちょっとシュール。

☆祇園茶屋☆
小童の祇園茶屋で、ちょっと昼食。
全部のっけの「祇園うどん」と、100円なのに、めちゃでかいムスビで昼食。
茅葺屋根のお店で、くつろぐことしばし…。

☆祇園うどん☆

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/10 バードワッチング「知和ウエットランド」(三次市)

2013.02.12(00:14) 3982

金土の疲れで、午前中爆睡。
午後から、ゆるゆる活動開始。

☆知和ウエットランド☆
娘を連れ、知和ウエットランドに、バードウォッチングに出かけた。
正月と違って、今日は管理棟が開いていた。

フィールドスコープで、鴨やサギなどを観察。
遠距離(室内)からの観察なので、子供の足音で鳥が飛び立つ心配もない。
(なにより温かい…嬉)
ダイサギ、コガモ、オカヨシガモが見れた。
目の周りが緑のゴーグルっぽいのが、コガモのオスだと、管理棟の方に教えてもらった。
娘は早速、フィールドスコープの鳥の姿と、自分の鳥図鑑を確認していた。
池沼で、ぶかっこうに潜っていた地味な鴨は、オカヨシガモというらしい。
娘の図鑑には載っていなかったが「フィールドガイド日本の野鳥」には載っていた。

娘は、管理棟に置いてあった塗り絵を始めた。
「アカコッコ」という鳥のようだが、聞いたことはない。
どーも三宅島などにいる鳥らしい。

ぬぬ太はフィールドスコープで、ヌートリアをぼんやり見ていた。
水上に顔を出して上手に泳いでいる。
先日読んだマンガ「雨無村役場産業課兼観光係」の冒頭で、主人公の初仕事はヌートリアのしっぽ数えだったな。
農業にとっては害獣なのであろう。
あれは岡山県がモデルだが、広島県でも狩れば、奨励金がもらえるのかな?

瀬戸内遊々日記


バードワッチング
  1. 6/4 探鳥会「縮景園」(広島市中区)(07/19)
  2. 8/21の2 探鳥会「ツバメのねぐら入り」倉敷川(11/03)
  3. 7/29 溜川探鳥会(倉敷市玉島)(10/29)
  4. 7/4 倉敷みらい公園探鳥会(09/19)
  5. 7/3の2 後楽園探鳥会(岡山市)(09/19)
  6. 4/28 八幡川探鳥会(広島県五日市市)(05/06)
  7. 3/25 ロープロ「スリングショット102AW」(03/31)
  8. 3/21 自然観察会「倉敷市の鳥カワセミをさがそう!」(倉敷市八軒屋・有城)(03/31)
  9. 3/10 ウエストバッグ「フィールドステーション」(ロープロ)(03/26)
  10. 2/21 里庄美しい森探鳥会(浅口市)(03/17)
  11. 1/24 みやま公園探鳥会(玉野市)(02/04)
  12. 10/4 後楽園探鳥会(岡山市)(10/10)
  13. 8/2 後楽園バードウォッチング(岡山市)(08/04)
  14. 6/28 毛無山バードウォッチング(岡山県)(07/07)
  15. 4/12 瀧ノ口グリーンシャワー公園探鳥会(岡山市)(04/25)
  16. 4/4 広島城探鳥会(中区)(04/11)
  17. 4/3 「ツグミ(園地)」(倉敷市)(04/10)
  18. 3/14 安佐動物公園探鳥会(広島市安佐北区)(03/17)
  19. 2/7 広島城探鳥会(広島市中区)(02/16)
  20. 1/12 広島市植物公園探鳥会(佐伯区)(01/19)
  21. 12/23 八幡川探鳥会(広島市佐伯区)(12/31)
  22. 12/6 広島城探鳥会(広島市中区)(12/14)
  23. 10/4 「広島城探鳥会」(広島市中区)(10/05)
  24. 10/3の2 ペンタックス「タンクローR(8☓21)」(10/05)
  25. 2/15 「こふんの森たんけん3 野鳥かんさつ」みよし風土記の丘(02/16)
  26. 7/6の2 バードウォッチング「ブッポウソウ」知和ウェットランド(三次市吉舎)(07/09)
  27. 2/10 バードワッチング「知和ウエットランド」(三次市)(02/12)