FC2ブログ

タイトル画像

6/2 日本100名城公式ガイドブック(スタンプ帳付)

2017.07.17(08:15) 6805

先日、今治城で買っちゃった「日本100名城公式ガイドブック」。
簡易な城ガイドだが、ビジュアルも良く、使いやすい。
100名城の選定基準や経緯なども書いてあり、読み物としてもGOOD。
日本100名城公式ガイドブック
まぁ、スタンプ帳が付いており、スタンプラリーのため購入した側面もあるが。
ぼちぼち、登城していこうかなぁ。
全国城巡りの旅。

若い頃、バイクで西国の城巡りをしたのが懐かしい。
友人のFさんと、中部、近畿、北陸などを回ったよなぁ。
今度はピカソで、のんびりドライブ旅行かなぁ。

スポンサーサイト




瀬戸内遊々日記


タイトル画像

5/4 今週読んだ本(4冊)

2017.07.07(22:25) 6765

連休中は、読みかけの本を一気に読破。

世界史の元になった名著のダイジェストガイド本。

なんか教科書っぽいと思ったら、山川出版であった。

山川の世界史の教科書には、お世話になったなぁ、学生時代。

共通一次試験は遠い昔だ。

ネタ本としては面白い「広島ルール」。

他地方から見た広島人って、こんな風?

元読売新聞の記者さんの地元エッセイ。

昭和の尾道の土地柄がわかり面白い。

尾道の各町の特徴が、いろいろ書かれていて興味深い。

この町で生活し始めて、早、一月だ。

去年、倉敷市立博物館の地学講座に結構通った。

で、最近、地質や鉱物がプチ・マイブーム。

地質から見ると、知っているつもりの中国地方も、また違った目で見れる。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/17 今週読んだ本(2冊)

2016.03.26(18:30) 6171

図書館の予約本連絡が入ったので、やっと最新刊。
6巻目でやっと、7人目の勇者が誰か判明。
テグネウを倒し、主人公アドレッドの敵討ちも、形の上では終了。
六花の勇者 6巻
しかし、フレミーとの愛情は、テグネウに仕組まれたものだったという、救いのないオチ。
人の自由意志とか、恋愛感情とか…ホントは自由ではないのかも。

会期開始の直前になり、やっと発売された芸術祭の公式ガイドブック。
とりあえず、近所の本屋さんでGET(1400円)。
草間彌生の水玉かぼちゃの表紙が印象的。
瀬戸内国際芸術祭2016ガイドブック
第1回の公式ガイドと、構成は変わっておらず、慣れないと検索しにくい(苦笑)。
まぁ、読み物としては、それなりに面白いけれど。
現代アートって、多少の予習や復習が、必要な面があるからなぁ。
ま、今回はコンプリート目指すのではなく、子どもとのんびり島旅をしよう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/9 今週読んだ本(2冊)

2016.03.16(06:11) 6126

新書「若者が社会を動かすために」を読む。
体験談とインタビュー。
海外での教育プロジェクトや、様々な分野で改革を進める若者たちの話。
まぁ、時代は動いているのだなぁと、当たり前の感想。
若者が世界を動かすために
新書「日韓外交史」を読む。
日韓外交史 対立と協力の50年
サブタイトルの対立と協力の50年どおりの内容(苦笑)。
日韓関係とは、かくもこじれたものである。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/25 今週読んだ本(2冊)

2016.02.08(20:37) 6109

なまこ学者の書いた、科学講演録を読む。
最近、老後のことが、気にかかる。
人間にとって寿命とはなにか
☆人間にとって寿命とはなにか☆
寿命というものについての考察が、いろいろ書かれており面白い。
まぁ、ぬぬ太もすでに、心臓の鼓動から想定される寿命を8年も長生きしているようだ。
人工的なエネルギーを使用しての延命と言えるのかもしれない。
なまこのように低エネルギーで、自然に逆らわない生き方のほうが、賢いのかもしれない。
(なまこに脳があるのかどうかは知らないけれど)
丁度、夕食に赤なまこを食す。

☆赤なまこ☆
荒磯でたゆたうなまこも、ぬぬ太の口にポトリ。
美味美味(笑)。
ぼちぼち、退職後のことも考えておかなきゃなぁ…。
漁師と水産業
☆漁師と水産業☆
最近、ちょこちょこ漁業関係の仕事が来るので、参考に読んでみた。
漁業権ってずいぶん古臭く、分かりにくい制度だ。
子供の頃、遠洋漁業は、ずいぶん活気があった。
近所の水産会社の社宅にも住人が多く活気があったとの記憶。
いつからニホンの漁業は廃れたのだろうか?
なーんて疑問を持ちつつ、水産業の盛衰を読んだ。
いつか、日本漁業が、北欧のように儲かる仕事になると良いなぁ。
海洋国なのに、なぜか漁業って先細りだよな、現状。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/13 今週読んだ本(3冊)

2016.01.25(23:40) 6094

六花の勇者3~5巻を読む。
久しぶりに深夜に小説一気読み(眠)。
六花の勇者5
ヒロイン「フレミー」に振りかかる過酷な運命に、つい次のページをめくってしまう。
ミステリー的ファンタジーの面白さよりも、悲劇に向かうであろう恋愛小説として読んでしまう。
まぁアニメ版のフレミーが可愛かったせーもあるのだが…。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/8 今週読んだ本(2冊)

2016.01.25(21:48) 6084

六花の勇者1~2巻を読む。
今年は、ちょこちょこ小説も読みたいなぁ…と新春に思う。
六花の勇者1
ファンタジーを舞台にしたミステリー。
魔人と戦うべき6人選ばれる勇者が、なぜか7人。
偽物はだれってお話し。
1巻はアニメで見た通り。
2巻は、モーラのある意味、過去話。
面白い小説だが、謎解きが面白いのかはビミョー。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/23の2 今週読んだ本(4冊)

2015.10.25(13:37) 5939

読書の秋…久しぶりに本を読んでみた。
(最近、タブレットで雑誌を読む程度で、読書量が減ってきたよなぁ)

古典の「枕草子」の概説書。
古典的エッセイもいろいろな読み方があるもんだ。

TVの教養番組のテキストの焼き直しっぽい。

子育てのデータの解説本。
世界の家庭教育感の変遷が分かり興味深い。

なんとなく感じていることもデータで見ると、面白いもの。
学歴社会って、ある意味過去になったのだなぁ。

極地の写真集的概説書。
ページの上下で、北極と南極を比較しながら文章が進むのが面白い。
極地と言っても、全然違うものだな。

写真が美しくやイラストはカワイイ。
寝転んでゴロゴロしながら、遠い極地の風景を眺めるのもいいものだ。
久しぶりにクスコのアルバム「COOL ISLANDS」を聴きたくなったなぁ。

最近、仕事で福祉への引継ぎが多いので、ちと読んでみた。

世の中、急速に無縁の高齢者が増えている。
良くも悪くもそーゆー時代なのだろう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/26 今週読んだ本(2冊)

2015.09.03(07:29) 5857

図書館で借りた図鑑をパラパラ。
最近、博物館の自然観察会に良く行くので、生き物に興味がわいてきた。

昼休みに、時折、散歩する倉敷用水にも、いろんな淡水魚が住んでいる。
身近な淡水魚も、名前や形、生態などが分かってくると、興味深いものだ。

身近な生き物と言えばカエル。
日本に住む、いろいろなカエルが紹介されており、面白い。

一緒にサンショウウオも紹介されていた。
広島に住んでいた頃は、安佐動物園によく、オオサンショウウオを見に行ったなぁ(懐)。
サンちゃんツアーが懐かしい。

2冊ともカラーページがキレイで、とっつきやすい図鑑でした。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/18 今週読んだ本(2冊)

2015.08.25(23:23) 5847

社会派ミステリー「砂の器」上下巻を読む。
有名すぎて読んでいなかった推理小説。
職場のN山さんから勧められた上、先日、小説の舞台の亀嵩に旅行に行ったので、読んでみたのだ。
砂の器
ミステリーとしては、いまさらな作品で、古さは否めない。
犯行動機が、ハンセン氏病の身内であるとの過去を隠蔽するためというのは、せつなく悲しい展開だったけど。
被害者が善人だろうと警官だろうと、犯人にとっては過去を知る人物と言う意味では、おかまいなしで同じことだったのだろう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/5 今週読んだ本(2冊)

2015.08.20(21:27) 5828

最近、読書意欲が乏しい。
まぁ、気が向いたら、ぼちぼち読もう。

紀行文学から、日本の旅の成立をたどった概説書。
西行の時代や、とわずがたり、東海道中膝栗毛など、いろんな文学上の旅が追体験でき、面白かった。

恐竜の図鑑。
CGやイラストなど、童心に帰って楽しむ。
恐竜はロマンだ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/20 今週読んだ本(2冊)

2015.07.27(09:23) 5799

最近、自然観察会に良く行くので、ちょこっと勉強してみようかと思う地質。
地球の歴史が石ころに反映されているというのが面白い。

火山岩とか堆積岩とか、中学の頃、地学で習ったよなぁ…と遠い記憶。

先日、恐竜展に行ったので、ちょっと興味が続いている恐竜。
語り口の面白い恐竜本。

ジュラ紀、白亜紀など、時代別に恐竜が解説されており、面白い。
そーいえば先日読んだ小説「恐竜ギフト」にティラノサウルスとステゴザウルスは別時代の恐竜とのエピソードがあったっけ。

なんか、鬱がひどく、だりー。
あと1週で夏季休なんで、なんとか乗り切ろう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

6/19 今週読んだ本(3冊)

2015.06.23(21:08) 5749

先日、図書館で借りた本3冊。

久しぶりに小説を読む。
フツーの小説っぽい日常系ファンタジー。
恐竜と言う、ありえないものとの出会いで、日常を揺すられる少年やヒロインの物語。
人は自分のワクから、なかなか抜けられないものなのだろう。

いわゆる「世界名作劇場」をネタにした世界史解説本。
みんなが知ってる作品の背景を描いていて、興味深い。
フランダースの犬や母を訪ねて三千里の背景にも、いろんな民族の歴史があるのだなぁ。

ジブリやディズニーも含めたアニメをネタにした世界史解説本。
ムーランやポカホンタス、アラジンなどの背景が語られ面白い。
紅の豚の戦間期の解説も、マニアックで興味深かった。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

5/14 今週読んだ本(2冊)

2015.05.31(02:04) 5689

最近、バスの中で読んでいた「絵図で歩く倉敷のまち」

倉敷のまちの発展経緯がよくわかる。
地図歴史本は楽しい。

娘と読んでいた鳥の図鑑。
最近バードウォッチングに連れていくせーか、鳥に興味を持ち始めたようだ。
そーいえば子供の頃って、図鑑めくるのが楽しかったよなぁ。
(ま、ぬぬ太は昆虫図鑑だったけど)

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

5/7 今週読んだ本(2冊)

2015.05.27(18:28) 5680

連休明け。
そこそこ仕事に追われる。
新しい職場も早1月…仕事が回らない。
忙しいというよりも、構造的な問題っぽく、気が重い。

帰宅後、娘とどんぐりの図鑑を見る。

☆ひろったあつめたぼくのどんぐり図鑑☆
イラストが美しい。
元宇品公園や比治山公園でも、よくどんぐり拾ったよなぁ。
などと広島市での生活を懐かしむ。
南区は案外、自然豊かな環境だった。

図鑑を見ながら、東区の双葉山にシリブカガシのどんぐりを拾いに行ったことを思い出す。
こするとピカピカ光る、お尻の凹んだ変わった形のどんぐりだった。

☆絶景・天空のイベント☆
続いて、先日からパラパラめくっている日食や月食、オーロラなどの写真集。
天空のイベントを眺めていると、日々の営みが小さく感じられる。
まぁ人のストレスなど、天空レベルで見ると小さなものなのだろう。
などと最近諦観ぎみな今日この頃…。
(連休疲れが抜けてないなぁ…とボヤク)

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/23の2 今週読んだ本(2冊)

2015.04.26(02:43) 5655


今森光彦の心地いい里山暮らし12か月 写真家のアトリエ「オーレリアンの庭」から今森光彦の心地いい里山暮らし12か月 写真家のアトリエ「オーレリアンの庭」から
(2015/03/20)
今森 光彦

商品詳細を見る

田舎暮らしの写真エッセイ。
里山って豊かだよなぁ…感性さえあれば。

舟見 桂 航空機・艦艇画集舟見 桂 航空機・艦艇画集
(2015/02/17)
舟見 桂

商品詳細を見る

プラモデルの箱絵で、よく見知った舟見桂の画集。
ボックスアートって独特の良さがあるよなぁ、勢いっていうのか。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/6 今週読んだ本(2冊)

2015.04.25(07:59) 5631


終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
(2014/04/02)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る

「物語シリーズ」一応の完結編。
阿良々木君自身の怪異ってオチ…はなぁ(笑)。

岡山・倉敷 すてきなカフェさんぽ岡山・倉敷 すてきなカフェさんぽ
(2013/10/15)
Word inc.

商品詳細を見る
カフェガイド本。
少し落ち着いたら、倉敷のカフェで、のんびりしたいところ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

6/19の4 今週読んだ本(2冊)

2014.06.19(23:19) 5057

日本各地の珍しい地質を写真や図を交えながら紹介した本。
秋吉台のカルスト台地や、阿波の土柱など、見知った地形も出てきて興味深い。

写真と図で見る日本の地質写真と図で見る日本の地質
(2009/03)
不明

商品詳細を見る
恐竜の化石の出てくる地層の紹介や、日御碕や室戸の地形なども面白かった。
日本列島に残る地球の息吹が感じられる本であった。

どうぶつのあくびどうぶつのあくび
(2013/12/12)
中川遊野

商品詳細を見る
タイトル通り、動物のあくびの写真集。
かばのあくびや鳥のあくび。
なんか、のどかで癒されます。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

5/4の2 今週読んだ本(2冊)

2014.05.07(18:18) 4948


もっと筆ペンで書くゆる文字 季節のはがき: 季節を届ける味わい文字もっと筆ペンで書くゆる文字 季節のはがき: 季節を届ける味わい文字
(2014/03/17)
宇田川 一美

商品詳細を見る

筆ペンで描く、ゆる文字やゆるイラストの本。
こーゆーアナログなメッセージのやりとりも楽しいかも。

図解 日本の仏像 (てのひら手帖)図解 日本の仏像 (てのひら手帖)
(2014/03/26)
田中 義恭

商品詳細を見る
仏像の概説書。
イラスト入りで、シンプルに分かりやすい。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/20の2 広島市南区図書館

2014.04.22(21:11) 4913

近所の図書館に利用カードを作りに行った。
以前広島に住んでいた時には、佐伯区図書館あるいは西区図書館を利用していた。
南区の図書館は初めて。

複合文化施設の一角らしく、こじんまりした図書館であった。
まぁ宿舎から徒歩圏内なのはありがたい。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/25 今週読んだ本(4冊)

2014.03.27(22:32) 4848


大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社
(2014/02/20)
オバタカズユキ(著者)、伊藤 豊(協力) 他

商品詳細を見る
最近の就職事情を知りたくて読んでみた本。
何時の時代にも、チャレンジャーな若者はいるもんだ。
まぁ働きがいで仕事を選ぶのは、本当は当たり前のことなんだろうけど。

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~ (光文社新書)高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~ (光文社新書)
(2014/03/28)
大理 奈穂子、栗田 隆子 他

商品詳細を見る
まぁ、博士号やアートなど、お金になりにくいのが女性の生きにくさなのかも?

社員のスマホ・タブレットを安全に会社で使わせる本社員のスマホ・タブレットを安全に会社で使わせる本
(2014/02/06)
株式会社HDE、小椋一宏 他

商品詳細を見る
個人のモバイルと勤務先のセキュリティのバランス問題。
まぁ、うちの職場では、個人のモバイルの持ち込みはありえないだろうが。

サンフレッチェJ1連覇グラフ〈2013〉サンフレッチェJ1連覇グラフ〈2013〉
(2014/01)
中国新聞社、中國新聞社= 他

商品詳細を見る
サンフレッチェのグラフ誌。
安芸高田市が本拠地なんで、県北ではサンフレッチェの人気は高い。
広島市に帰ったら、一度くらいは公式戦、見に行って見ようかな。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/7 今週読んだ本(2冊)

2014.03.09(13:17) 4816

3月に入って、やっと仕事が回り始める。
まぁ、年度末に帳尻があって欲しいところ…ちとガンバロウ。

ばたばた仕事を片付け、今日は夕方から広島に帰省。

本郷SAで夕食に青鬼ラーメンとチャーハンを食す。
ネギてんこ盛りの担々麺は、超お気に入りのメニュー。
ようやく風邪が抜けたのか、食欲が戻ってきた。

この間、ラングドン教授シリーズの4作目「インフェルノ」を読んだ。
で、シリーズの3作目「ロスト・シンボル」を読み忘れていたことに気付き、図書館に予約を入れていたのだ。

週初めから読み始めたのに、上巻を読み終えるのに結構、時間がかかった。
1作目パリ、2作目ローマ、バチカン、4作目フィレンツェ、ベネツィア、イスタンブールに比べ、本作の舞台はワシントンDC。
それなりに面白かったが、舞台の地味さは否めない。
(まぁアメリカの建国史っぽい視点で見れば、華やかさがないわけではないが…)

ロスト・シンボル 上ロスト・シンボル 上
(2010/03/03)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
フリーメーソンの紹介っぽい作品でもあり、その当たりは興味深い。
1ドル紙幣って、ナゾめいているし(笑)

ロスト・シンボル 下ロスト・シンボル 下
(2010/03/03)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
下巻は、一気に謎解きが進み、一気に読み終えた。
暗号を解いたり、息を呑む逃走劇が続いたり…。
ただ、物語自体は家族の離反や復讐劇っぽい要素が強く、後味が悪い。
他の3作のように映画化の話が出てないのは、その辺も理由?


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/25 今週読んだ本(2冊)

2014.02.26(00:23) 4805


日本版NSCとは何か (新潮新書)日本版NSCとは何か (新潮新書)
(2014/01/17)
春原 剛

商品詳細を見る
昨今話題に成っているNSCについての概説書。
国の安全保障とか、機密問題とか、新聞を賑わしている。
危機管理について、日本がどんな国になるのか、ちと先行きの気になる処。

終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)
(2014/01/29)
西尾 維新

商品詳細を見る
今回は忍の眷属とのお話。
吸血鬼とともに永遠を生きるって、どういう気持だろう?
他人と向き合うことが苦手な忍ちゃんに、ちょっち同情&共感。
社交性の塊のような神原のキャラって、ある意味スゴイ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/21 今週読んだ本(3冊)

2014.02.24(01:02) 4803

久しぶりに、ダン・ブラウンのミステリーを読む。
ラングドン教授のシリーズ4作目らしい。
(来年映画も公開されるようだ)

インフェルノ (上)  (海外文学)インフェルノ (上) (海外文学)
(2013/11/28)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
前半はフィレンツエでの逃避行。
記憶を失った教授は、命を救ってくれた女医と、ナゾの組織に追われ逃走。
フィレンツエの観光名所や美術品を織り込みながらの展開は、美術好きにはたまりません。
ぬぬ太も10年ほど前に行った、イタリア旅行を思い出しながら、作品を楽しみました。

インフェルノ (下) (海外文学)インフェルノ (下) (海外文学)
(2013/11/28)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
後半はヴェネツィアとイスタンブールが舞台。
もっともバイオテロが話の中心となり、疫学的なネタや、遺伝子技術のネタなども物語に織り込まれています。
前半の布石も次々ひっくり返され、エンターティメントとしても上出来。
ダン・ブラウンの作品は、やっぱ一流です(喜)。
まぁオチがちょっと生煮えっぽく、スッキリしないのはテーマが重すぎたから?

ダンテを軸に仕上がった珠玉のミステリーで、映画も楽しみ!

山里からの伝言―中国山地2010~2012山里からの伝言―中国山地2010~2012
(2012/06)
島津 邦弘

商品詳細を見る

元中国新聞の記者の書いた中国山地の紀行文など。
この地域の問題や特色が、記者・大学教授の目を通して、鮮やかに語られている。
県北部を理解するには、良い本であった。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/12 今週読んだ本(3冊)

2014.02.15(04:08) 4782


ここまでわかった!  縄文人の植物利用 (歴博フォーラム)ここまでわかった! 縄文人の植物利用 (歴博フォーラム)
(2013/12/25)
不明

商品詳細を見る
民博のフォーラム。
植物って、昔から人とともにあったのだなぁ。
最近の研究結果がわかり、楽しい。

車両基地 山手線 (オレンジページムック)車両基地 山手線 (オレンジページムック)
(2013/12/17)
川中拓也、久保田敦 他

商品詳細を見る
マニアックな鉄道基地の写真集。
こーゆー写真っていくつになってもワクワクする。

もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語
(2013/10/05)
一田 和樹

商品詳細を見る
司法制度、警察の捜査体制の時代との乖離を描いた作品。
時代遅れの制度や体制で、無理に正義を顕現しようとすれば、歪みが出るのだろうなぁ。
結局、秩序って誰のためのものだろう?

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/7 今週読んだ本(4冊)

2014.02.14(21:51) 4773

先月、娘の授業参観が「道徳」だったんで、ちょっと気になって借りた本。
道徳って教科だったんだ?(驚)。

道徳の時代がきた!―道徳教科化への提言道徳の時代がきた!―道徳教科化への提言
(2013/10)
貝塚 茂樹、西野 真由美 他

商品詳細を見る
教育も、ぬぬ太が子供の頃とは、変わってきてるんだなぁ。
韓国との比較も興味ふかい。

檻の中の少女 (a rose city fukuyama)檻の中の少女 (a rose city fukuyama)
(2011/04/22)
一田和樹

商品詳細を見る
久しぶりに読んだ探偵小説。
以前住んでいた福山市の第3回ミステリー大賞に選ばれた作品のようだ。
ネットせキューリティーを素材にした作品で、面白かったが、後味がかなり悪い(苦笑)。
まぁ、そーゆー作風なんだろう。

はなとゆめ (単行本)はなとゆめ (単行本)
(2013/11/07)
冲方 丁

商品詳細を見る
清少納言を主人公にした歴史小説。
光圀伝のような重厚さはないが、かろやかな文体(でも読みにくい)。
文章を書くと言う行為が、いかに人にとって希望や救いになるか…。
過酷な政治状況の中で中宮に使えた清少納言なりの答えなのだろう。

和食の知られざる世界 (新潮新書)和食の知られざる世界 (新潮新書)
(2013/12/14)
辻 芳樹

商品詳細を見る
辻調理学校の校長の和食エッセイ。
和食を国際的な目で外部から評価しようとする試みが面白い。
和食って、豊かだなぁ…。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/26の2 今週読んだ本(7冊)

2014.01.27(01:07) 4758


サイバーセキュリティ読本サイバーセキュリティ読本
(2013/07/24)
一田和樹

商品詳細を見る

こーゆー本を読むと、つくづく、現代社会にはプライバシーなど幻想だと思う。
個人情報って、どうやっても察知されるものなのだろう。
まぁ、分かっていても、ネットとつながっているのが、現代人なんだろうし。

たのしくできる スマホでかわいい写真たのしくできる スマホでかわいい写真
(2013/01/31)
週刊アスキー編集部

商品詳細を見る
Instagramを使ってみようかと思い読んだ本。
ちょっと面白そうだ。
もっともツイッターさえ、アカウントが死んだような状態。
こーゆーつぶやき系アプリが、写真ネタとは言え、ぬぬ太に使えるかはビミョー(自爆)。

パソコン教科書 使って楽しむGOOGLEパソコン教科書 使って楽しむGOOGLE
(2009/05/14)
高田 由和

商品詳細を見る


Google徹底活用おたすけBOOK―10〔100〕倍使いこなす! (エスカルゴムック (222))Google徹底活用おたすけBOOK―10〔100〕倍使いこなす! (エスカルゴムック (222))
(2006/07)
不明

商品詳細を見る


今すぐ使えるかんたん Googleグーグル 検索&徹底活用 (Imasugu Tsukaeru Kantan Series)今すぐ使えるかんたん Googleグーグル 検索&徹底活用 (Imasugu Tsukaeru Kantan Series)
(2009/06/19)
AYURA

商品詳細を見る

Gmailを使い始めたので、参考に借りてきた本3冊。
フォルダーではなくラベルでメールを管理、仕分けするようだ。
検索機能は毎日のように使うけど、メールって使ってなかったからなぁ。
(まぁケータイのキャリアメールで、事足りてたし)

ケータイでGoogleケータイでGoogle
(2007/12/27)
佐野 正弘

商品詳細を見る

1年半まえに、スマホに買い替えたので、今更役に立たなかった本。
そーいえば、ガラケーのころの検索って、こんな感じだったなぁ。
スマホになって、パソと大差なくなったけど、ちょっと前は、かなり違ってたんだな(懐)。

GoogleEarth完全ガイド 自分でつくる世界地図GoogleEarth完全ガイド 自分でつくる世界地図
(2006/09/01)
グーグルアース徹底研究会

商品詳細を見る
娘と「google EARTH」で遊んでみようと思って読んだガイド本。
ぬぬ太の子供の頃は、飽きもせずに地球儀や月面儀を眺めていた。
今の子供は、タブレットでGoogleEARTHやGoogleSkymapを眺める。
地球は狭くなり、宇宙は身近になったんだなぁ…。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/5の3 正月に読んだ本(7冊)

2014.01.06(01:46) 4722


ガバナンスとは何か (叢書「世界認識の最前線」)ガバナンスとは何か (叢書「世界認識の最前線」)
(2013/10/23)
マーク ベビア

商品詳細を見る
近年よく使われる「ガバナンス」について書かれた概説書。
「秩序」を、このような概念で表わさざるを得ない、現代社会の流動性は面白い。
ステークホルダーの調整なくして、治めることは困難だろう。

さとり世代    盗んだバイクで走り出さない若者たち (角川oneテーマ21)さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち (角川oneテーマ21)
(2013/10/10)
原田 曜平

商品詳細を見る

最近の若者って、堅実で賢いなぁ。
バブル世代のオジサン的には反省しきり。
身の丈にあった暮らしが大事なのかも。

司法権力の内幕 (ちくま新書)司法権力の内幕 (ちくま新書)
(2013/12/04)
森 炎

商品詳細を見る
元裁判官の書いた司法制度批判本。
読んでると陰鬱な気分になるなぁ…。
現実の一面なのだろうが。

海藻ハンドブック海藻ハンドブック
(2013/11/25)
横浜 康継

商品詳細を見る
海藻のポケット図鑑。
色が美しく、何となく魅入ってしまう。

原発を授業する リスク社会における教育実践原発を授業する リスク社会における教育実践
(2013/12/10)
不明

商品詳細を見る
面白い試み。
小学校や中学校での実践などが紹介されている。
学校の先生らがファシリテーターっぽく振る舞おうとしている姿勢に共感。
昔は、日教組の先生らが煽ってたからなぁ…。

NHKきょうの健康 100歳まで元気に歩ける体づくり 75のコツNHKきょうの健康 100歳まで元気に歩ける体づくり 75のコツ
(2013/12/13)
大江 隆史、宮地 元彦 他

商品詳細を見る

健康ガイド本…こーゆー本読むと、なんか老後も身近だなぁ。

失敗しないエンディングノートの書き方失敗しないエンディングノートの書き方
(2013/12/18)
石崎 公子

商品詳細を見る
50歳が近くなった。
もう人生の棚卸しについて考えるべきかも…などとこーゆーノウハウ本読むと思う。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/20 今週読んだ本(3冊)

2013.12.22(13:28) 4677

小説ばかり3冊読む。

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)
(2013/10/22)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る
物語シリーズも15冊目らしい。
暦クンの過去バナ3編。
最後は、小学生の記憶にまで遡る。
人は、無意識でも他人の犠牲の上に暮らしている。
そーゆー「痛み」の物語であった。

光圀伝光圀伝
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る
水戸黄門の伝記。
もっともTVの時代劇の内容とは程遠いが。
光圀が腹心を手打ちにした動機の謎解きもあるお話。
時系列での話と輻輳し、立体的な人間像を描いた力作でした。
久しぶりに時代小説を一気読み(笑)

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る
同じ作者による時代小説。
こっちは和算と改暦がテーマ。
面白い素材で江戸を切り取った小説であった。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/3 今週読んだ本(3冊)

2013.12.04(22:28) 4648


骨・岩・星: 科学が解き明かす歴史のミステリー骨・岩・星: 科学が解き明かす歴史のミステリー
(2013/09/04)
クリス・ターニー

商品詳細を見る
連作コラムっぽい科学エッセイなんだけど、めちゃ面白。
「古さ」をどう測ったかにつき、延々書かれている。
古文書からアーサー王の時代を求めたり、暦の変遷をしるしたり。
はたまた巨大生物の絶滅や、失われた人類の祖先の探求など。
最後は地球の年齢の測定や、宇宙の年齢の測定など、天文的な展開も。
知識として地球の歴史が46億年と知るのではなく、どうやって測ったかを学ぶのはエキサイティング!

世界のふしぎ理想郷50: 奇跡のファンタジー!世界のふしぎ理想郷50: 奇跡のファンタジー!
(2013/09/18)
渋川 育由

商品詳細を見る
ちょっとしたキャプションのついた写真展でも見るような感じの本。
美しい写真のムックだが、ぼーっと眺めていると癒やされる。
(12月入ったせーか、ちと仕事で息切れ…)
ちょっとだけ創造の旅にでた気分。
世界は美しい。

海の武士団 水軍と海賊のあいだ (講談社選書メチエ)海の武士団 水軍と海賊のあいだ (講談社選書メチエ)
(2013/09/11)
黒嶋 敏

商品詳細を見る
中世から戦国にかけての海上勢力について書かれた概説書。
室町時代にローカルの論理で活躍した水軍の歴史は興味ふかい。
瀬戸内の水軍について、書かれたところもあった。
そーいえば先日、広島城で見た企画展は、毛利vs豊臣がテーマだった。
あの長い戦いの背景にも、水軍同士の争いは影響したようだ。
あぁ、久しぶりに、海に出たいなぁ…。

瀬戸内遊々日記


  1. 6/2 日本100名城公式ガイドブック(スタンプ帳付)(07/17)
  2. 5/4 今週読んだ本(4冊)(07/07)
  3. 3/17 今週読んだ本(2冊)(03/26)
  4. 2/9 今週読んだ本(2冊)(03/16)
  5. 1/25 今週読んだ本(2冊)(02/08)
  6. 1/13 今週読んだ本(3冊)(01/25)
  7. 1/8 今週読んだ本(2冊)(01/25)
  8. 10/23の2 今週読んだ本(4冊)(10/25)
  9. 8/26 今週読んだ本(2冊)(09/03)
  10. 8/18 今週読んだ本(2冊)(08/25)
  11. 8/5 今週読んだ本(2冊)(08/20)
  12. 7/20 今週読んだ本(2冊)(07/27)
  13. 6/19 今週読んだ本(3冊)(06/23)
  14. 5/14 今週読んだ本(2冊)(05/31)
  15. 5/7 今週読んだ本(2冊)(05/27)
  16. 4/23の2 今週読んだ本(2冊)(04/26)
  17. 4/6 今週読んだ本(2冊)(04/25)
  18. 6/19の4 今週読んだ本(2冊)(06/19)
  19. 5/4の2 今週読んだ本(2冊)(05/07)
  20. 4/20の2 広島市南区図書館(04/22)
  21. 3/25 今週読んだ本(4冊)(03/27)
  22. 3/7 今週読んだ本(2冊)(03/09)
  23. 2/25 今週読んだ本(2冊)(02/26)
  24. 2/21 今週読んだ本(3冊)(02/24)
  25. 2/12 今週読んだ本(3冊)(02/15)
  26. 2/7 今週読んだ本(4冊)(02/14)
  27. 1/26の2 今週読んだ本(7冊)(01/27)
  28. 1/5の3 正月に読んだ本(7冊)(01/06)
  29. 12/20 今週読んだ本(3冊)(12/22)
  30. 12/3 今週読んだ本(3冊)(12/04)
次のページ
次のページ