FC2ブログ

タイトル画像

12/10の2 「色鉛筆で昆虫を描こう」倉敷市自然史博物館

2016.12.30(23:36) 6563

博物館のイベント「色鉛筆で昆虫を描こう」に親子で参加。

見本の写真と、下絵を参考に、線と色を加えていく。

講師の先生から、鉛筆は鉛色で黒ではないので、色鉛筆の黒を使うよう指導があった。

イチバン黒いところから塗っていくようだ。

ぬぬ太はアバウトに描いていたら、やはり黒がボケた(自爆)。


娘は、マジメに黒い模様を濃淡まで丁寧に描いていた。

もっとも、時間内に仕上がらないのは困ったもの(苦笑)。

まぁ、仕上げは帰ってからかな。


スポンサーサイト




瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/10の2 青松会・秋のスケッチ旅行「圓鍔勝三彫刻美術館(尾道市)」

2011.10.10(22:40) 3049

福山在住時に所属していた油絵のサークルの秋のスケッチ旅行に参加。
(また、福山に転居することも、あるのかなぁ)

懐かしい面々と、御調町で再会。

☆圓鍔勝三彫刻美術館☆
M岡先生の弟さんが彫刻家で、その関係の展覧会を鑑賞。

館長さんが話し好きの方で、作品解説にとどまらず、美術館のバックヤードまで見学させてもらった。

普段目にすることの少ない、収蔵庫なども見学でき、楽しいスケッチ旅行であった。

午後からは、美術館周りの公園でスケッチ。

ぬぬ太も水彩でスケッチ1点を仕上げました。
娘と、福山在住時にお世話になった小児科のY先生が、彫刻公園で座っている風景。

帰路、ちょっと福山市に回り道し「眼鏡館」「アシーズブリッジ」「葉月」に寄る。
アシーズ福山店に、Nさんが復帰されていた(懐)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

7/3の3 青松会スケッチ旅行「灰塚ダム」(三次市)

2011.07.04(18:23) 2850

午後から、灰塚ダムに移動し、付近でスケッチ。

☆ダム遠景☆

☆枯れタンポポ☆

☆シロツメクサ☆
水彩は、結構不慣れだが、絵を描くのは、やはり楽しい。

☆灰塚ダム☆

ごーごーと水が流れ落ち、巨大な建築物、人工物は、付近を圧倒。
ダムの内部も一部見学できるようになっていた。

☆ダム内部☆
コンクリートの壁の閉塞感は、そーとーのもの。
娘は、怖がっていた。
ここで働く人は、大変だね。

娘はスケッチブックそっちのけで、バッタ採りに興じていた。

☆バッタ☆
福山の宿舎は、バッタがたくさんいたが、広島の宿舎は草むらが少ないのか、バッタが少ないらしい。
で、広島の宿舎は、娘には不評である。
まぁ、山の上の宿舎と、駅裏の宿舎じゃ、環境も違うよなぁ。

まぁ、ダムの周りの草っぱらで、久しぶりに虫取りに興じたようだ(笑)。

☆喫茶「絵麗顔人」☆
最後に、喫茶「絵麗顔人」で、みんなで茶飲み話…楽しい1日であった。
今回の日帰り旅行は、子どもまで含めると15人の参加者であった。
また、集まれるといいな。

☆クワガタムシ(メス)☆
帰路、山陽道の高取PAで、クワガタムシを発見。
虫取りにはまっている娘も、これは手づかみできなかった(苦笑)。
バッタやチョウとは違うのかな、甲虫は?


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/25 「青松会129」今津公民館(福山市)

2011.03.27(00:37) 2671

月末には転居なんで、青松会で描く、事実上最後の絵かも?

なんとか完成。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/25 「青松会128」(今津公民館)

2011.03.01(13:00) 2618

色を乗っけて見た。
まぁ、こんな感じで描き進めてみよう。

青松会も、先生の都合で、来月から隔週になるようだ。
もっとも、4月で転居っぽいので、この絵、完成するかビミョー。

帰宅して、中華ちまきを食す。
娘の幼稚園の友達のお母さんからの頂き物。
中国人なんで、なんか中国のお祝いの日なのかな?
手作りで、美味美味!


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/18 「青松会128」今津公民館(福山市)

2011.02.21(19:27) 2609

先週は祝日でお休みだった青松会。
今週から、新しい絵を描き始めた。

といっても、この間、4号で描いたスノーシューだけど。
今度は8号。
描き始めたら、M岡先生から、少しずらすように指導を受ける。
で、ちょっとづらす。
なんとか、転勤で福山離れる前に、完成させたいものだ。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/6の2 「第26回青松会絵画近作展」貴友庵(福山市松永駅前)

2011.02.07(12:08) 2589

例年6~7月に開催されていたグループ展が諸事情で遅延。
とうとう年を越し、年度末近い2月の開催となっていしまった。

☆貴友庵☆
さて、今年の会場はJR松永駅前の「貴友庵」。
西部市民センターに行った帰りに寄ってみた。

みんなの絵が展示されていた。

☆想雪☆
ぬぬ太の、スノーシューを描いた絵「想雪」も掛かっていた。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/4 「青松会126」今津公民館(福山市)

2011.02.04(23:47) 2586

立春で、少しづつ寒さのゆるみを感じる今日この頃。
1月ほど、体調を崩して寝込まれていたM岡先生が、復帰されていた。
なにやら安心。

遅ればせながら2011年の自画像が完成。
ま、こんなものかな(笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

2/2の2 第26回青松会絵画近作展の搬入

2011.02.03(10:00) 2581

青松会展用に描いていた4号の絵が完成。
搬入って明日だっけ、あさってだっけと思い、小児科のY木先生に電話しようとした。
ありっ、しぶちから着信履歴。
かけ直すと、搬入は今日でしたとの連絡(困)。

とりあえず、松永在住のしぶちの家に行き「絵」を預ける。
会場の貴友庵には、しぶちが持っていってくれるらしい(謝)。
まったく、我ながら、人の話をよく聞いてないなぁ…と反省。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/28 「青松会125」今津公民館(福山市)

2011.01.28(22:45) 2572

今年の自画像が仕上がっていないのだが、次の絵を描き始めた。

グループ展が2月にあるのだが、会場の都合で4号の作品を、それそれ出すことに。
あ、小品ないぞ?

で、あわてて、F4のキャンバス買ってきて、描き始めた。
先日、買ったスノーシューを、描き描き(笑)。

とりあえず、軽く色を乗せてみる。
こんな感じで、描き込んでみようかな?


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/21 「青松会124」(今津公民館)

2011.01.23(22:07) 2560

年明けてから、M岡先生が、体調を崩され、ちょっと休止っぽい青松会。
まぁ、みんなで自主的に絵を描いてはいるのだが。

☆自画像2011☆
自画像も、大分、色がのってきた。
先週は、茶色いメタルフレームだったのに、今週はオレンジのセルフレームのメガネ。
鏡を見て、はっと気づいたが、結局、絵のほうを修正(苦笑)。
来週あたり、完成させたいなぁ…。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

1/14 「青松会123」今津公民館(福山市)

2011.01.15(00:42) 2551

さて、年が明けたので、2011年の自画像を描き始めた。
年に1度くらいは、鏡に映る自分の顔と、向かい合うのも悪くない。

イエローオーカーで、ざざっと下書き。
まぁ、こんな顔だよなぁ。
最近、ちょっとヤツレたかも?

とりあえず少し色を乗っけてみた。
珍しく背景を黒くしてみた。
まぁ、ぼちぼち描き込んでいこうかな?


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/24の2 「青松会122」今津公民館(福山市)

2010.12.24(23:51) 2511


年末滑り込みで完成…。
まとまりに欠けるが、まぁこんなものかなぁ(苦笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/15 青松会忘年会2010「和創酒膳 零」(福山市松永)

2010.12.23(01:22) 2496

青松会の忘年会が、松永の「和創酒膳 零」であった。

☆和創酒膳 零☆
15名が集まり、近況や、絵画談義など。
楽しい酒宴であった。
Y川さんと、子供の話などもチラホラ。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/10 「青松会121」今津公民館(福山市)

2010.12.22(22:39) 2486

週末なんで、青松会に行く。
しぶちの東京研修土産のせんべいをもらう。

☆せんべい☆
おにぎり型のせんべいは、味噌、塩、醤油味があり、どれもウマイ。

色を乗せてみたものの、なにやらバランスの悪い絵になってしまいトホホ。
まぁ、また来週がんばって、修正しよう。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

12/3 「青松会120」今津公民館(福山市)

2010.12.04(23:51) 2472

先生から、少しカメラが大きすぎとの指摘アリ。
で、小さく描き直してみた。

その後、色も全体に乗せてみた。
何となく、面白い絵になりそう。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

11/26 「青松会119」今津公民館(福山市)

2010.11.28(22:07) 2459

新しい絵を描き始めた。
子供のカメラと、ロールペーパーホルダー。

小児科のY木先生が、吉野への旅行土産を持ってこられたので、みんなで頂く。
上品なあんこの周りを薄い落雁でコーティングした和菓子。
なかなか美味。
うーん、お茶飲んでだべっていたら、筆は進まず(笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

11/19 「青松会118」今津公民館(福山市)

2010.11.19(22:59) 2447

なぁーんか煮詰まってしまった絵だが、よーやく完成。

ま、こんなもんか(苦笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

11/5 「青松会117」今津公民館(福山市)

2010.11.10(21:21) 2430

昨夜、夜っぴけアニメを見ていたので眠い1日。
帰宅後、ウトウト仮眠していたら、青松会に大きく遅刻。

さて、バナナポーチを凹ませて、しわを入れてみたが、イマイチうまくいかない。
この絵、煮詰まったな?(嘆)。
倦怠感に捕らわれてるときに絵筆を握ると、どーも良くないなぁ。
タッチは正直だ(自嘲)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/24 鳴門海峡

2010.10.25(12:42) 2411

青松会のスケッチ旅行で、鳴門海峡に行った。

☆鳴門海峡☆
娘と一緒にスケッチ。

☆鳴門大橋☆
せっかくなので渦潮の時間まで展望台に長居したら、体が冷えた(クシュン)。

エスカヒルという妙に長い有料エスカレーターで、駐車場に戻り、次の目的地「大塚国際美術館」を目指した。

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/22 「青松会116」今津公民館(福山市)

2010.10.23(08:59) 2406

背景を塗り直した。
ちょっと電波系の絵になったかも(自嘲)。

先生から、ウエストポーチのしわを、もうちょっと丁寧に描くよう指導を受ける。
うーん、先週、ボリュームもたすのに膨らましたのが、裏目に出たか(自爆)。
また、来週、描き直そう。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/15 「青松会115」今津公民館(福山市)

2010.10.17(23:29) 2396

へしゃげたウェストポーチを、中に物を詰めて、描き直す。
こんなもんかなぁと先生に見てもらいにいったが、今度は背景を直すように指導される。

まぁ、緑が暗すぎるし、黄色と白の上部も単調だなぁ。
さて、どう直そうかと思案中?


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/8 「青松会114」今津公民館(福山市)

2010.10.11(23:30) 2383

青松会に行くも、月末の旅行の打ち合わせに時間をとられ、筆は進まず。
しぶちの千葉の研修土産「ピーナツ最中」を食べつつ、旅行の段取りを話す。

☆ピーナツ最中☆
ウエストバッグを大きめに描き直しているところで、時間終了。
来週は、背景の黄色と緑の塗り直しもしなきゃなぁ。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

10/1 「青松会113」今津公民館(福山市)

2010.10.01(22:55) 2367

早、10月。
秋の旅行の話しで、筆の進まない日であった。

どーもバナナポーチが、しゃきっとしない。
中身詰めて、もー少し大きめのフォルムで描き直そうかな?

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

9/24 「青松会112」今津公民館(福山市)

2010.09.24(23:29) 2357

今週は、背景を描き込んで見た。
ザックとポーチも、少し色を強めてみる。

M岡先生から、背景の緑が明るすぎると指導を受けたので、ちょっとトーンを落としてみた。
来週は、ポーチをもう少し描き込もうかな?

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

9/10 「青松会111」今津公民館(福山市)

2010.09.13(19:24) 2335


新しい絵を描き始めた。
右側はマスキャンプのプレゼントでもらったミレーのザック。
シルナイロンでできた、軽量ザックだが、街にも里山にも重宝。
この夏は、このカラフルなザックが大活躍であった。

楽しかった思い出と共に、色を乗せていく。
緑、青、赤…原色はビビッドだ(笑)。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

9/5 「第31回動物を描こう写生大会」福山市動物園

2010.09.06(14:47) 2327

娘を連れて、動物園の写生大会に出かけた。
動物愛護週間協賛行事らしいが、入園無料なので、親子連れで混みあっていた。
中国新聞が協賛らしく、ちゅーぴークラブ会員には、画用紙を配っていてラッキー。

比較的空いていた「シマウマ」の檻の前で写生。
白黒なので人気が無い?
でもペンギンの前は混んでたしなぁ?

うーん、何やらオブジェのようなシマウマさんだ(苦笑)。
幼稚園の図画工作と違って、手本が無いからなぁ。
娘は「できた!」というものの、ちょっとシマウマさんに見えない(笑)。
タテガミと口をかいたらとアドバイスしたが、なにやら、良く分からん線を書き足していた。
まぁ、いいかと、受付に提出した。
参加賞に、中国新聞のマスコットキャラ「ちゅうぴーちゃん」のノートや飴をもらい、娘は満足そうであった。

☆ペンギン☆
☆バードケージ☆
写生後、園内をぐるりと回る。
どこも写生中の親子連れで、混み合っていた。
レジャーシートや、椅子テーブルやパラソルまで持ち込んでいる家族も多数あり。
えらく本格的だなぁ(笑)。

☆ワニガメ☆
☆ゾウガメ☆
残暑(猛暑)のせいか、一番混み合っていたのは、爬虫類館。
通路は足の踏み場も無い状況。
唯一の冷房が効いた写生場所だし(苦笑)。

かき氷がとぶように売れていた。
娘とカキ氷を食べて、動物園を後にした。
まぁ、初めての写生大会なんで、こんなもんだろう。


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

9/3 「青松会110」今津公民館(福山市)

2010.09.04(23:01) 2325

昨日の残業疲れが、どーも抜けず、ダリダリな1日。
青松会も休もうかと思ったが、まぁ休んで疲れがとれるとも思えんし。
久しぶりにデッド・オア・アライブの古いアルバムを聞きつつ、夜のドライブで松永に向かう。

最後に少々背景などに手を加え、完成!


瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/27の2 「青松会109」今津公民館(福山市)

2010.09.01(12:56) 2313

広島から帰ってくると、結構、遅い時間。
少々遅れて、青松会に出席。

少し帽子を描き込んでみる。
来週には、完成させたいもんだなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

8/20の2 「青松会108」今津公民館(福山市)

2010.08.23(20:53) 2298

盆はお休みだったので、2週間ぶりの青松会。
Y木先生が、大連や旅順に旅行に行かれたらしく、土産話に花が咲く。
203高地など、日露戦争の戦跡を観光したらしい。
「皇国の興廃この一線にあり…」なんて、言葉が頭をよぎる(笑)。
最近は「坂の上の雲」が映像化されたせいか、ちょっとした日露戦争関連はブームなのかも?

☆月餅☆
お土産の月餅などを摘みつつ、お茶を飲んでいたせーか、筆は進まず(自爆)。

とりあえず、帽子などに色を乗せてみた。
今夏、買ったこの帽子。
海に山に大活躍だったなぁ。
思い出と対話しつつ、絵筆を重ねる。
来週は、もう少し描き込もう。


瀬戸内遊々日記


絵画
  1. 12/10の2 「色鉛筆で昆虫を描こう」倉敷市自然史博物館(12/30)
  2. 10/10の2 青松会・秋のスケッチ旅行「圓鍔勝三彫刻美術館(尾道市)」(10/10)
  3. 7/3の3 青松会スケッチ旅行「灰塚ダム」(三次市)(07/04)
  4. 3/25 「青松会129」今津公民館(福山市)(03/27)
  5. 2/25 「青松会128」(今津公民館)(03/01)
  6. 2/18 「青松会128」今津公民館(福山市)(02/21)
  7. 2/6の2 「第26回青松会絵画近作展」貴友庵(福山市松永駅前)(02/07)
  8. 2/4 「青松会126」今津公民館(福山市)(02/04)
  9. 2/2の2 第26回青松会絵画近作展の搬入(02/03)
  10. 1/28 「青松会125」今津公民館(福山市)(01/28)
  11. 1/21 「青松会124」(今津公民館)(01/23)
  12. 1/14 「青松会123」今津公民館(福山市)(01/15)
  13. 12/24の2 「青松会122」今津公民館(福山市)(12/24)
  14. 12/15 青松会忘年会2010「和創酒膳 零」(福山市松永)(12/23)
  15. 12/10 「青松会121」今津公民館(福山市)(12/22)
  16. 12/3 「青松会120」今津公民館(福山市)(12/04)
  17. 11/26 「青松会119」今津公民館(福山市)(11/28)
  18. 11/19 「青松会118」今津公民館(福山市)(11/19)
  19. 11/5 「青松会117」今津公民館(福山市)(11/10)
  20. 10/24 鳴門海峡(10/25)
  21. 10/22 「青松会116」今津公民館(福山市)(10/23)
  22. 10/15 「青松会115」今津公民館(福山市)(10/17)
  23. 10/8 「青松会114」今津公民館(福山市)(10/11)
  24. 10/1 「青松会113」今津公民館(福山市)(10/01)
  25. 9/24 「青松会112」今津公民館(福山市)(09/24)
  26. 9/10 「青松会111」今津公民館(福山市)(09/13)
  27. 9/5 「第31回動物を描こう写生大会」福山市動物園(09/06)
  28. 9/3 「青松会110」今津公民館(福山市)(09/04)
  29. 8/27の2 「青松会109」今津公民館(福山市)(09/01)
  30. 8/20の2 「青松会108」今津公民館(福山市)(08/23)
次のページ
次のページ