タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


瀬戸内遊々日記


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

4/2 「台湾まぜそばRED」あじ仙(倉敷市)

2017.04.03(00:16) 6725

箱詰めに疲れ、遅い昼食。

妻の希望で、食べ納めに台湾料理「あじ仙」に。

倉敷では仕事帰りに、ちょこちょこ寄ったよなぁ、この店。

☆台湾まぜそばRED☆

季節限定メニューの「台湾まぜそばRED」を食す。

めちゃ辛くて元気が出る。

☆地獄鳥炒め☆

いつものように地獄鳥炒めや麻婆豆腐等を食べ満腹&満足。

ここの濃い味の中華もしばらくお預けだなぁ。

帰って、配線を剥がしたり、いろいろ作業。

並行して、通販でタップを追加購入したり、ゴミ出しに行ったり。

なんか引越し準備は疲れるなぁ。

☆あさりうどん☆

ぐったりして、夕食はうどんやさんへ。

丸亀製麺であさりうどん等で夕食。

もう食器を箱詰めしたので、あとは外食。

どんどん積み上がっていくパンダの箱。

倉敷の宿舎で過ごすのもあと1日だ。


スポンサーサイト

瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/2 PTAの引継ぎ

2017.04.02(23:49) 6724

小学校のPTAの引継ぎを終えた妻と近所の喫茶店でブランチ。

役員はイロイロたいへんらしい。

☆喫茶ふじわら☆

とりあえず、同じ宿舎のYさんに会え、書類なども渡せたようだ。

この2年は忙しく、子供の行事などあまり参加できなかったぬぬ太であった。

結構、妻任せで過ぎたなぁ。


周りの席では高齢者が日曜の朝の世間話中。

なんか昭和40~50年台の光景だ。

☆モーニングB(700円)

モーニングのパンもオムレツも美味しかった。

が、煮出したような昭和なコーヒーはイタダケナイ。


さて、今日は倉敷の宿舎の配線を剥がすなどの作業をせねば。

昨日、尾道の宿舎の掃除に行ったので、ちょっと予定が狂い押し気味。

シンナー臭いはがし剤を塗布して、テープのあとをゴシゴシ。

あとは靴や本を箱詰めしなきゃなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

4/1 引っ越し準備2017

2017.04.01(09:20) 6723

さて、今日は一気に荷造り。

冷蔵庫が、ほぼ空なので、コンビニの朝ごはん。

シナモンコーヒー飲みつつ、セブンイレブンのサンドイッチをかじる。

コンビニの中ではセブンのサンドがイチバンおいしいと思う。

なんかパンダの箱が増えてきたなぁ、部屋に。

☆サカイの引っ越しダンボール箱☆

次の宿舎の部屋は5年空いていたらしく、ヤバイと思い事前に掃除に行くことに。

管理人さんの了承を電話でとって、尾道市に向かう。

高速道路の福山西ICから、次の宿舎は近そうだ。

昭和の建物で、老朽化は否めないけれど。

グーグルマップ、エプリルフールのせいか、なんかパックマンみたい(笑)。


ルンバを持ち込み、掃除ついでに部屋をチェック。

充電式のロボット掃除機は、通電前でも使え便利だ。

ありっ、そなえつけの照明が全く無いのは珍しい。

とりあえず足りない2個を通販でプチッ。

事前に来ておいて良かった。

(リビングと台所の照明なしで2~3日過ごすところであった)

多少、リフォームされているのか、古いのに思ったよりキレイ。

ただ、冷蔵庫がちょっと入れにくい間取り(困)。

TVの位置も、ヘンコウかも。


ついでに娘を連れ、車で最寄りの小学校まで行ってみる。

こりゃ遠いし歩道が途切れている(グーグルマップで徒歩31分)。

宿舎の案内には20分って書いてあったが裏道でもあるのかしらん?

まぁ来週、転校手続きすれば分かるだろう。

JR糸崎駅まで娘を送り、広島行きの電車に乗せる。

乗り換えはないので、なんとか行けるだろう。


管理人さんに鍵を返し、再び倉敷に戻る。

その頃、妻のスマホに娘からメッセージ。

無事広島駅に着いておじいちゃんおばあちゃんと合流したようだ。

娘を広島の義父母にあずけたので、今晩は少しは箱詰めが進むかも?

2日がとれず、3日引っ越しで、結果オーライだったかも、今年は。

夕食は、鍋ラーメン。

丼を、箱詰めしてしまい、汗っ、仕方ない。

引越し準備にはよくある、ちょんぼ。

食器の箱づめは、最後にしなきゃなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/31 「ミュンヘンハンバーグ」ドイツ料理ベルク(倉敷市)

2017.04.01(09:17) 6722

さて、3月も終わり、今日で倉敷支部の仕事も終わり。

だが、最終日に2件も仕事入っていて、まったく慌ただしい。

次の任地では、もうちょっと余裕のある職場環境だといいなぁとボヤイてみる。


広島に帰るSさんもバタバタしており仕事が片付かず、Nさんはなにやら愚痴っている。

岡山移動のOさんも暇ではなさそうだ。

ぬぬ太も、ぼちぼちっと仕事の資料をダンボールにツメツメ。


図書館に本の返却に来る妻に迎えに来てもらいに、職場の荷物を車に詰め込む。

雨の離任はなにやら淋しい。

まぁ来週からは、別の支部での勤務が始まるのだなぁ。

さて、今晩から引っ越しの準備をせねば。


夕食に、近所のドイツ料理店「ベルク」に行く。

最後に気になっていたメニュー「ミュンヘンハンバーグ」を食す。

チーズ掛けのハンバーグであった。

なんでミュンヘンなのかはナゾのネーミング。

地ビール「レーベンブロイ」のお膝元だからかな?

店には獅子マークの旗があったし。


娘は、大好きな玉ねぎスープを食べ納めしていた。

倉敷を離れると、なかなか再訪しにくい店だろうなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/30 企画展「池田遥邨名作選(前記)」倉敷市立美術館

2017.04.01(09:16) 6721

昨日で厄介な仕事は概ね終わり。

今日は引継書作成中。

今朝もドタバタと方針変更で、最後の最後まで慌ただしい思いの倉敷支部勤務(苦笑)。

もう笑うしかない…ただただ。

☆倉敷市立美術館☆

昼休みに、気分転換に美術館に行く。

「池田遥邨名作選」をやっていたので。

入館料210円(安っ!)払って、山頭火シリーズなどぬぬ太の好きな作品を堪能。

やっぱ美術館に来ると、心が落ち着くなぁ。

さて、午後からは挨拶回りもあるし、仕事片付けよう。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/29 高梁川流域連盟のクリアファイル(流域パスポート)

2017.04.01(09:14) 6720

今週は、転出手続きに市役所に行った妻と娘。

いままでは、外国人の住民票はなかったので、夫婦別々に手続きをせざるを得なかった。

仕方なく、ぬぬ太は休み取るなどして対応していたが、今回からは配偶者に委任ができラッキー。

引っ越しの手続きが一つでも簡便になると嬉しいものだ。

娘は流域パスポートといきいきパスポートのスタンプが集まったので市役所で記念品をもらってきた。

まぁクリアファイルとか文具とか。

でも、こーゆー子供の励みになる制度って、いいよなぁ。

倉敷市って、子育てには良い街だったなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/28 支部のの解散会「又来軒倉敷天満屋店」

2017.04.01(09:13) 6719

支部の解散会が天満屋の又来軒であった。

倉敷支部での仕事も、今週で終わりだ。

同じテーブルのMさん、Kさん、Hさんと車話で盛り上がる。

いろいろあったが、終わってみると楽しかったことも多々。

2度めの倉敷勤務も、もうじき終わりだ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/27 「とんこつ黒」博多ラーメンばりかた屋・アリオ倉敷店

2017.04.01(09:10) 6718

仕事帰りに、駅前のショッピングセンターアリオ倉敷に寄る。

夕ご飯は、とんこつ黒。

焦がしにんにく味のとんこつラーメン。

スープもチャーシュウもうまかったが、麺がやわらかかったのが残念。

店の名前は「ばりかた」なのに(苦笑)。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の7 吹屋銅山笹畝坑道(岡山県・高梁市)

2017.04.01(09:08) 6717

最後に吹屋銅山の坑道に行く。

ちょっと観光疲れしてきた。

☆吹屋銅山笹畝坑道☆

娘はヘルメットをかぶってノリノリ。

まぁ古い町よりは楽しいのだろう。

銅山の坑道に入っていく。

なんかマリオカートのコースのような風景。

トロッコはないけれど。

ピカピカ光る壁面を見ながら坑道を進む。

昭和なぬぬ太は、脳内を川口探検隊のテーマがリフレイン。

洞窟って川口探検隊だよなぁ、水曜スペシャルの。

暫く進むと、坑内には、坑夫の人形などがパラパラ。

江戸時代の銅山って、こんな感じで掘っていたのだろう。

夏に博物館で金銀銅については、いろいろ勉強したっけ。

ぼそぼそしゃべるT先生の話を思い出す。

まぁ吹屋や帯江など、岡山県内にはあちこちに銅山があったのだろう。

犬島に銅の精錬所があり、いまでは現代アートの美術館に転じているのだから。

自然史博物館の展覧会や、瀬戸内国際芸術祭などを思い出しながら銅山観光。

壁面には黄銅鉱や磁硫鉄鉱などが矢印で示されていた。

博物館で見るのとはまた趣が異なる。

しかし、坑道って、結構広いなぁ。

まぁ低い部分では頭を何度か打ったけど。

(ヘルメット必須だなぁ)

ぼちぼちっと坑道を登って出口へ。

坑道出口から山道を少し登ると露頭があった。

こーいった岩石の露出を見て鉱山を見つけるようだ。

山師とはスゴイものである。

ヘルメットを返却し、休憩所で鉱物を見る。

坑内で案内されていた磁硫鉄鉱や黄銅鉱。

いい地学のお勉強になりました。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の6 吹矢ふるさと村(岡山県高梁市)

2017.04.01(08:57) 6716

さて、久しぶりに吹屋ふるさと村を観光。

防腐防虫のために塗られたベンガラの壁が美しい。

紅色の街だなぁ。

通りの様子が、なんか時代劇の街道に出てくるような景色だ。

妻はカメラを取り出し、パシャパシャ撮影していた。

娘は退屈そうだったけど。

ベンガラののれんなど趣がある。

ぬぬ太も久しぶりの吹屋を堪能。

ベンガラの町はいいもんだなぁ。

レトロな郵便局など、いつまでも見ていたい。

なまこ壁などは倉敷と似た感じ。

まぁ白い倉敷、赤い吹屋ってとこかな。

建物を見ながら街道を町のハズレまで歩く。

神社に登りパチパチ。

元気で無事故でありますように(祈)。

引き返しは下り坂。

春先なんで観光客もパラパラ。

ベンガラ染めの職人さんに声をかけられ、しばし歓談。

古い街は良いものだ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の5 ベンガラカレー赤・黒「紅や」(高梁市)

2017.04.01(08:49) 6715

高梁市にあるベンガラの町「吹屋」。

妻が未見というので、ドライブがてら午後から行ってみた。

農免道路の山道をくねくね30~40分。

いやぁ奥地だ。

☆カフェ「紅や」☆

吹屋ふるさと村の端にあるカフェ「紅や」で遅い昼食。

いかにも観光地にある古民家カフェ。

まぁこの雰囲気は好きだけど。

☆ベンガラカレー赤・黒☆

ベンガラって、父が画工だったので、子供の頃から見知っていた顔料だ。

インドのベンガル地方で取れるのが、語源になったそうだ。

で南インド楓カレーを、この店では提供しているようだ。

2色のカレーが白いご飯にかかっていて、見た目も印象的。

味も良かったが、小学生の娘にはやや辛かったようだ。

さて、ベンガラの町を観光しよう。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の4 茶室「功徳庵」大村寺(岡山県・吉備中央町)

2017.04.01(08:17) 6714

さて、重森三玲作の茶室が移築された大村寺に寄る。

☆大村寺☆

高速道路のそばにある大きなお寺だ。

あとでググってみると、備中松山城の艮の方位を守っていたお寺のようだ。

城主の加護があったのだろう。

境内には重森三玲のお弟子さんの庭があった。

なんとなく似た雰囲気。

立派な黒松や石組みなどを鑑賞。

☆功徳庵☆

そして、いよいよ重森三玲作の功徳庵に。

極端に低い垣が印象的。

個人宅にあったものをお寺に移築したようだ。

階段を登っていくと本堂。

お薬師さんが祀られているようだ。

健康を祈願。


近くの大村遺跡から発掘された五輪塔群。

圧巻だなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の3 重森美玲生家跡(岡山県・吉備中央町)

2017.04.01(08:07) 6713

狭隘路を通り抜け、重森三玲の生家跡に。

☆重森三玲の生家跡☆

石垣と庭の遺構が残っているようだ。

近年、公園っぽく整備されたようだ。

若き日の重森三玲が、自宅の庭を作り、茶室をこしらえたそうだ。

(茶室は記念館の側に移築されていたが)

石組みなど興味深い。

ここから作庭家としての重森三玲が始まったのだろう。

桜の枝に小鳥が止まっていた。

モズかなぁ?

しばし、鳥を眺めつつ、のんびり。

☆友琳の庭☆

先週も来た友琳の庭にも、もう一度寄る。

何度来ても、良い庭だよ。

町役場の中庭とは羨ましい。

セキレイが頭上を飛び交っていた。

役場の庭をぼちぼちっと散策。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26の2 吉川八幡宮(岡山県・吉備中央町)

2017.04.01(08:01) 6712

石清水八幡宮の別宮「吉川八幡宮」に参拝。

公民館で、当番祭を紹介する長いビデオを見て、興味を持った次第。

☆参道☆

ビデオに出ていた当番のかけ競べの参道を娘もマネして走り上がる。

「かみちゅ」ならぬ「かみしょ」になりそうだ。

尾道が舞台の話だったよなぁ。

石清水八幡宮の荘園があった地域らしい。

当番さんに選ばれた10才の男子小学生が神様になって祭りをするようだ。

古い文化が残っているのだなぁ。

吉備は古代には大国だったのだろう。

☆吉川八幡宮☆

鎮守の森に囲まれた立派な社殿であった。


境内もパワースポットっぽい雰囲気ありあり。

古社だなぁ。

さて、ピカソ号で、ぼちぼち次のスポットへ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/26 重森三玲記念館(岡山県・吉備中央町)

2017.04.01(07:45) 6711

先週、休館だった重森三玲記念館に行く。

☆重森三玲記念館☆

品の良いボランティアの女性が案内してくださる。

重森三玲の業績などを勉強。

縁の品なども展示してあった。

☆パネル展示室☆

続いて隣接する公民館内のパネル展示室に。

写真パネルで、全国の重森三玲が作庭が」紹介されていた。

ビデオもあり、三玲の吉備中央町での作庭も紹介されていた。

☆茶室「天籟庵」☆

記念館の側には、デビュー作の茶室「天籟庵」が移築されていた。

ビデオで舟形天井や、3つの床の間について予習したので、興味を持って鑑賞。

若き日の挑戦的な茶室のようだ。

生家から移築後に庭が後追いで作られたそうだ。

庭は晩年の作らしく、完成されている。

重森三玲の美意識の最初と最後が、ここで鑑賞できる。

いずれにせよ、最後まで挑戦的な美意識を持っていたのだなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/25 プラネタリウム「ほしをつかまえたおうじ」全天周映画「アニマルライフ」朗読会「よだかのほし」ライフパーク倉敷

2017.04.01(07:40) 6710

午後から、ライフパーク倉敷のプラネタリウムに行く。

☆プラネタリウム☆

娘は、倉敷市の「いきいきパスポート」で入館できるのも、これが最後。

市役所に持っていくと、集めたスタンプの数で記念品がもらえるそうだ。

二年間で倉敷市内の教育施設は結構、巡ったよなぁ。


プラネタリウムを観望。

春の星座の解説など。

☆ほしをつかまえたおうじ☆

併映された「ほしをつかまえたおうじ」は、優しい童話。

城からでることなく流れ星に友達がほしいとの願いをかけ続けたおうじの物語。

流れ星を助けたおうじは、星から来た姫とお友達になって星を巡るというオチ。


ちょっと図書館で時間を潰し、全天周映画を見る。

☆アニマルライフ☆

動物たちの生活を音楽に乗って紹介する映画「アニマルライフ」。

ライオンが、フィガロフィガロと吠えるのはぶっとんだ演出。

クラッシックやカントリー、ポップスなどの名曲と動物の動きがシンクロした映像が面白い。

☆てづくりハンバーグ「ベルク」☆

ライフパーク倉敷の近くにあるベルクで夕食。

娘のお気に入りのドイツ料理店だ。

今夜は、更にプラネタリウム朗読会もあるのだ。


ライフパーク倉敷に戻り、星景写真などを見ながら、朗読会の開始を待つ。

今日の朗読会は宮沢賢治の「よたかのほし」。

醜い夜鷹が死んで星になるという、あまり救いのない話だ。

ファゴットなどの演奏と、朗読があいまって、すてきな朗読会だったけど。

でてくる星座について、プラネタリウムで予習できたので、イメージが掴みやすい(笑)。


午後から、プラネタリウムを堪能したなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/24 チャリポタ「倉敷みらい公園」

2017.04.01(07:38) 6709

仕事の現場確認に昼休みに、ちょっと倉敷駅前まで。

チャリこいで、えっちらおっちら。

☆倉敷駅北口☆

ロータリーで確認を済ませ、みらい公園に立寄る。


菜の花などが咲いており、もうすっかり春だ。

先月の生き物調べの冬の景色が、遠く感じる。

☆倉敷用水☆

倉敷用水には黄色い水仙が群れて咲いていた。

☆沈丁花☆

沈丁花の香りに惹かれ、ふと足を止める。

春の息吹を感じつつ、倉敷で仕事をするのも、あと10日ばかり(淋)。

午後から、残務整理だ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/23 「下津井たこや」のたこ焼き(倉敷市)

2017.04.01(07:34) 6708

仕事帰りに倉敷市役所側の「たこや」に寄り、たこ焼きを購入。

下津井漁協がやっていて、デカイたこが入ったたこ焼きを売っている。

自宅に持ち帰り、はふはふ言いながら、家族で食す。

「あっさり」も「こってり」も、両方美味しい。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/22 アンドロイドゲーム「ぐんまのやぼう」SHーRM02

2017.04.01(07:33) 6707

娘と学校の社会で習う県名の話をしていた。

47個もあって、覚えられないらしい(苦笑)

お父さんは、大丈夫といい、スマホゲーム「ぐんまのやぼう」を勧めた。

群馬県が日本を制圧するゲーム。

ぐんまが日本を制圧すれば、テストの答えは全部「群馬県」。

いいアイデアだと自画自賛。

だが、娘には呆れ返られた。

父親を反面教師にして、ちゃんと県名を勉強しているかなぁ?

まぁ、ぬぬ太はとりあえず、ねぎ、こんにゃく、キャベツを収穫し。日本全国制圧。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/21 鯖ほぐし

2017.04.01(07:32) 6706

この間、自分へのお土産に買った浜田の「鯖ほぐし」。

「鮭ほぐし」と違って、けっこうクセのある味。

まぁ、ぬぬ太的には、結構好きかも。

☆鯖ほぐし☆

また山陰方面に行ったらリピ買いしよう。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/20の3 「英国式庭園」みやま公園(岡山県玉島市)

2017.04.01(07:31) 6705

パターゴルフを終え、公園内の有料施設「英国式庭園」に。

☆英国式庭園☆

最近、また庭巡りや城巡りを再開。

で、久しぶりにイングリッシュガーデンが見たく鳴った次第。

以前岡山に住んでいた頃にも何度か訪れたことがあり懐かしい。

少しづつ整備が進んでいるようだ。

ユニオンジャックを見つつ、庭園内に。

そーいえば、ここの広場で、ジェンベの公演に参加したっけ。

アフリカな衣装着て、みんなで太鼓叩いたのが、思い起こされる。

もう10年も前のできごとだ。

冬の英国式庭園は人も閑散。

のんびり園内を散策。

わずかな花が彩りを添えている。

鯉もぼちぼち温かくなって活動を初めたようだ。

エサは売ってなかったので、娘はやや残念そう。

☆クリスマスローズ☆

クリスマスローズや水仙が咲いていた。

昔よく行った備北丘陵公園を思い出す。

見渡す限りの丘に水仙が咲いていたり、園内の各所にクリスマスローズが咲いていたり。

☆水仙☆

国立公園だけにだだっ広かったよなぁ。

みやま公園もひろいのだが、まぁ備北ほどでは。

園内を歩きつつ、西洋の庭もいいもんだなぁと思う。

また花の多い時期に再訪したいものだ。

今度はいつ来れるかなぁ?

倉敷勤務も早2年だが、来年の今頃は、どこで何をしているのだろう?

また新しい任地で、なにか楽しんでいるのかもしれないけれど。

☆ジョウビタキ☆

白頭のジョウビタキがこっちを見ていた。

ぬぬ太の頭も、最近は白髪交じりだ。

白頭のジョウビタキといい勝負?

冬の公園の噴水は何やら物悲しい。

水しぶきを注視しつつ、我が身の儚さに重ねる。

泡沫の水のような人生に、方丈記の言葉など思い出しつつ。

娘は庭の中を走り回っている。

パターゴルフくらいでは疲れないのだろう。

ぬぬ太、バシバシとスマホで花などを撮影中。

カラフルなキースヘリング柄のアウターシェルが最近のお気に入り。

花の模様が、服の模様みたいに見えてきた。

ちょっと疲れてるなぁ…春先は。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/20の2 「ミニパターゴルフ」みやま公園(岡山県玉島市)

2017.04.01(07:18) 6704

隣市玉島のみやま公園に行く。

家族でパターゴルフ。

最近、家でゲームばっかしている娘を、お外に連れ出しに(苦笑)。

外でのレジャーも楽しいものだ。

(みんゴルも楽しいけれど)

パターのみで、寄せていくのも、結構たいへん。

ボールが止まらない。

コロコロ転がって、すぐにOB(苦笑)

まぁ、それなりに楽しいけど、本物のゴルフのほうが楽かも?



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/20 工場見学「三菱自動車水島工場」(倉敷市)

2017.04.01(07:16) 6703

以前、行そびれた、三菱自動車の見学に行く。

(倉敷に来た年のGW明けに行こうとしたら、燃費不正問題で工場が稼働していなかったのだ)

結局、日産が後始末して、三菱自動車の倒産はなかったけれど。

水島工業地帯では大きな工場なんで、地元の経済には大影響だったのだろう。

工場に着くと、広報用に三菱の車が沢山展示してあった。

新旧の車を見ていると、自動車博物館みたいだ。

WRCで活躍していた頃の、ラリーの映像や、三菱製の戦闘機の模型などが展示してあった。

元々は軍需企業だったんだよなぁ。

まぁ、現在は三菱重工と自動車は分離独立しているのだろうけど。

説明を受けた後、工場内のラインを見学。

ベルトコンベアーで車が組み立てられていく。

結構、ロボットの稼働も多く、見ていて面白い光景だ。

子供の社会見学に来たつもりだったが、親のほうが面白がっている次第。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/19の2 「THE世界名作劇場展」岡山県立美術館(岡山市)

2017.04.01(07:14) 6702

ちょっくら、岡山市までおでかけ。

☆岡山県立美術館☆

前売り券を買っていた「THE世界名作劇場展」を見に。

引越し前にあわててって感じ(苦笑)。

会場に着くと、巨大なラスカルや、美術ボードなど。

☆赤毛のアン☆

☆あらいぐまラスカル☆

☆名犬ラッシー&あらいぐまラスカル☆

記念撮影コーナーもあり、そこそこ楽しい。

子供の頃見た、母をたずねて三千里、フランダースの犬、あらいぐまラスカルなどの作品を懐かしむ。

原画や美術ボードなど、日本アニメーションの仕事がいろいろ紹介されていた。


妻は「赤毛のアン」など、自分が見ていた作品を中心に見て回っていた。

娘は「トラップ一家物語」「大草原の小さな天使ブッシュベイビー」など。

まぁ、日アニの仕事って、世代や性別を超えてなされているんだなぁ。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/19 倉敷三斎市

2017.03.31(23:57) 6701

3月の倉敷三斎市はALL高梁川流域デー。

1年の総集編。

(まぁ2月が市内の総集編だったし…)

ステージを見ながら、ぜんざいや焼き鳥などを食べる。

テントの屋台を巡り、食べ歩き。

おもちつきなどもやっていて、オマツリ気分。

娘はたこ焼きを買いに行って帰ってこない。

まぁハグレルほどの町ではないけれど。

☆ラマッチくん☆

笠岡ラーメンのゆるキャラ「ラマッチくん」が歩いていた。

宣伝に来ているのだろう。

今回購入した中ではみかんジュース3種が、美味しかった。

朝市は楽しい。




瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/18の7 備中松山城展望台(岡山県高梁市)

2017.03.31(23:55) 6700

賀陽ICに向かう途中に展望台の看板があったので右折。

山道をズンズン車で登っていくと、備中松山城を観望する展望台があった。

早朝に訪れれば、雲海に浮かぶ山城を観望できるようだ。

さっき、あの山城に登ったのだなぁと、遠目に見て感慨。

高梁市街地もやや遠くに見える。

カメラのズームで、城を俯瞰。

いい城だなぁ。

倉敷に戻って、宿舎近くのドイツ料理店「ベルク」に行く。

玉ねぎとソーセージ入りのスープがめっちゃ美味。

娘の最近のお気に入りで、ちょこちょこ夕食を食べに。

☆ベルクセット☆

ソーセージとハンバーグとエビフライのセットを食す。

倉敷生活もあと2週間余。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/18の6 備中松山城(岡山県高梁市)

2017.03.31(23:51) 6699

さて、本日のメイン、備中松山城へ。

細い山道を車で登った後、狭隘路をシャトルバスで登る。

そこから更に山道をテクテク。

急登だ。

汗ばみつつ歩を進める。

15分位で、石垣が見えてきた。

山城感が漂っている。

娘は親たちを置いて、さっさと登っていく(困)。

振り向くと眼下に高梁川や城下町。

さっきまで、寺の庭を見たり、武家屋敷を歩いたり。

それが豆粒のようだ。

石組みは結構ワイルド。

そーいえば大河ドラマ「真田丸」のOPに使われたそうだ。

観光客が多くなったのって、そのせい?

☆備中松山城☆

やっと天守閣が見えてきた。

やっぱ山城はいいなぁ、趣があって。

案内の看板に復古図が描かれていた。

壮観だなぁ、難攻不落って感じだ。

さて、いよいよ天守閣に登城だ。

現存十二天守のひとつなんで、ちょっと格別な気分だ。

☆ヤマガラ☆

ヤマガラが、ぬぬ太達の登城を見ていた。

☆天守閣☆

天守閣の中は、山城なんで狭い。

地元の学生さんが作った紙芝居のビデオが面白かった。

この城にも、戦いの歴史があったのだなぁ。

なんか、久しぶりに歴史ゲームでもやりたくなったなぁ。

それとも歴史小説でも、たまには読もっかな。

娘はやや退屈そうで、小学4年生にはたんなる山登りなんだろう。

まぁ、歴史勉強するのは、5年生からだっけ?

登城心得の看板を読みつつ、山を降りる。

バスのりばに降りると、山城の絵図があった。

結構、登ったもんだと絵図をみながらふりかえる。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/18の5 旧折井家・石火矢町ふるさと村(岡山県高梁市)

2017.03.31(23:39) 6698

続いて、旧折井家に向かう。

☆旧折井家☆

屋敷に入るといきなり動くお侍の人形にビックリ!

建物の中にも、お武家様の人形。

なんか昭和っぽい、レトロな観光地。

裏の庭をテクテクとあるき、武具の展示されている資料館に。

さて、ぼちぼち備中松山城に向かおうかな。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/18の4 旧埴原家・石火矢町ふるさと村(岡山県高梁市)

2017.03.31(23:36) 6697

テクテク歩いて武家屋敷のある石火矢町ふるさと村に。

現存十二天守のひとつ備中高松城の城下町を散策。

最初に旧埴原家を見る。

閑谷学校を再興した山田方谷の資料館もあった。

備中高松藩の藩政改革は領民に語り継がれる素晴らしいものだったそうだ。

岡山に引っ越してきて、ちょっと歴史も勉強になった。

屋敷内には琴や籠など時代劇に出てきそうなものが展示されていた。

ぬぬ太の子供の頃は、水戸黄門や大岡越前、遠山の金さんなど、TVの時代劇が全盛だった。

最近は、そーゆー番組もなくなったんだろうなぁ(淋)。

☆旧埴原家☆

古い武家屋敷を見つつ、子供の頃見た時代劇を思い出す。



瀬戸内遊々日記


タイトル画像

3/18の3 頼久寺(岡山県高梁市)

2017.03.31(23:32) 6696

小堀遠州作の庭で有名な頼久寺。

☆頼久寺☆

午前中見た重森三玲の現代的な庭とはまた趣が異なる。

若い頃、妻とドライブに来たお寺だ。

ウン十年ぶりに再訪したので懐かしい。

今、考えるとデートに古寺とは、ビミョー。

まぁ、若い頃からジコチューだったんだよなぁ、ぬぬ太(自戒)

枯山水や石組みなど見つつ、昔を懐かしむ。

のんびり庭ウォッチング。

海や山、島などのイメージを投影したセカイ。






瀬戸内遊々日記


最近の記事
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 4/2 「台湾まぜそばRED」あじ仙(倉敷市)(04/03)
  3. 4/2 PTAの引継ぎ(04/02)
  4. 4/1 引っ越し準備2017(04/01)
  5. 3/31 「ミュンヘンハンバーグ」ドイツ料理ベルク(倉敷市)(04/01)
  6. 3/30 企画展「池田遥邨名作選(前記)」倉敷市立美術館(04/01)
  7. 3/29 高梁川流域連盟のクリアファイル(流域パスポート)(04/01)
  8. 3/28 支部のの解散会「又来軒倉敷天満屋店」(04/01)
  9. 3/27 「とんこつ黒」博多ラーメンばりかた屋・アリオ倉敷店(04/01)
  10. 3/26の7 吹屋銅山笹畝坑道(岡山県・高梁市)(04/01)
  11. 3/26の6 吹矢ふるさと村(岡山県高梁市)(04/01)
  12. 3/26の5 ベンガラカレー赤・黒「紅や」(高梁市)(04/01)
  13. 3/26の4 茶室「功徳庵」大村寺(岡山県・吉備中央町)(04/01)
  14. 3/26の3 重森美玲生家跡(岡山県・吉備中央町)(04/01)
  15. 3/26の2 吉川八幡宮(岡山県・吉備中央町)(04/01)
  16. 3/26 重森三玲記念館(岡山県・吉備中央町)(04/01)
  17. 3/25 プラネタリウム「ほしをつかまえたおうじ」全天周映画「アニマルライフ」朗読会「よだかのほし」ライフパーク倉敷(04/01)
  18. 3/24 チャリポタ「倉敷みらい公園」(04/01)
  19. 3/23 「下津井たこや」のたこ焼き(倉敷市)(04/01)
  20. 3/22 アンドロイドゲーム「ぐんまのやぼう」SHーRM02(04/01)
  21. 3/21 鯖ほぐし(04/01)
  22. 3/20の3 「英国式庭園」みやま公園(岡山県玉島市)(04/01)
  23. 3/20の2 「ミニパターゴルフ」みやま公園(岡山県玉島市)(04/01)
  24. 3/20 工場見学「三菱自動車水島工場」(倉敷市)(04/01)
  25. 3/19の2 「THE世界名作劇場展」岡山県立美術館(岡山市)(04/01)
  26. 3/19 倉敷三斎市(03/31)
  27. 3/18の7 備中松山城展望台(岡山県高梁市)(03/31)
  28. 3/18の6 備中松山城(岡山県高梁市)(03/31)
  29. 3/18の5 旧折井家・石火矢町ふるさと村(岡山県高梁市)(03/31)
  30. 3/18の4 旧埴原家・石火矢町ふるさと村(岡山県高梁市)(03/31)
  31. 3/18の3 頼久寺(岡山県高梁市)(03/31)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。